【浅野いにお】漫画家・浅野いにおさんのライブ配信で異変、大吉だった件!!

・浅野いにおさんはユーチューブで二週間に1,2回のペースでライブ配信をしている。
・アシスタントでもあり、自身も漫画家である畳ゆかさんも参加している。
・見どころはふたりの掛け合いで、ファンにとってはこの上なく絶妙である。下ネタから毒舌トークまでなんでもござれ。かと思いきゃ、めちゃくちゃ含蓄のある人生についての話とかもしてくれる。もちろん、業界裏話は彼らだからこそのスペシャルだ。
・内容は、ゲーム配信や作画配信がベースとなっている。
・時間は決まってはいないけれど、夜、日が変わるくらいの時間に告知なく突然始まる。
・で、これまでかなりの回数のライブ配信をしてきてくれたのだけれど、先日、突然朝の4時にライブ配信が始まった。
・これにはたまたま見つけた視聴者も驚いたことだろう、コメント欄が『起きてて良かった』という感動の類のもので溢れた。
・あと時間帯的に、普段にも増して海外の人がめちゃくちゃ多かった。
・僕もいつでもスーパーチャットをするぞという気持ちになった。
・実はそろそろ寝ようとしていたのだけれど、睡魔キャンセルした。
・普段は画面の左下のワイプに浅野さん、右下のワイプに畳さんが映っているのだけれど、そのときは浅野さんだけだった。
・冒頭で浅野さんが現在の畳ゆかさんの所在について語った。先ほどまでアシスタントとして働いていたけれど、今日はもう上がりとのこと。
・貴重な浅野さん単独ライブ開幕であった。
・普段の作画配信では、浅野さんと畳さんのどちらかがコメントを読んで、質問に答えたり、しゃべりながら配信が進む。浅野さんが作業に集中しているときは畳さんが話し、畳さんが作業をしているときは浅野さんが話すという具合。
・今回は、作業に集中する配信だった。
・普段はスーパーチャットが入れば、畳さんがそれを見つけて名前を呼んでお礼を言ってくれる。それを聞いて浅野さんもお礼を言ってくれるという感じ。
・しかし今回はスーパーチャットやコメントを常時見ていることができないため、ところどころ入る休憩中にまとめてお礼をしてくれるとのこと。
・で、浅野さんが『オカリナ』を取りに行って戻ってきた。
・お礼の形を『オカリナ』の音出しでしてくれるというわけだ。
・ライブ配信をずっと見てきた人ならわかると思う。オカリナを吹く浅野さんの姿が何とも言えない味を醸し出している。
・こんな四十歳、めちゃくちゃ憧れるではないか。
・浅野さんは昔から『カリスマ』と言われているけれど、まさにその冠に相応しい。
・センスがすごい。思いつきがすごい。
・そりゃあ物語も面白いものを描けるというもの。
・今年最初の配信を逃さずリアルタイムで見れたので、大吉を引いたような気分でありました。

※冒頭のイラストは今回の配信でのものではなく、去年のハロウィン時の作画ライブ配信で配ってくれたものです。
(🄫nono-2021.1)