日記 / diary / 2021

日記/diary




 

日記 / diary / 2021

9月-September 2021

19th

I decided that if I was going to drink coffee, it should be good coffee, so I decided to go to Coffee Bean Specialty Store and have the beans ground. The price was higher than the ones in the supermarket. My expectations were high that the coffee would be fragrant and delicious. However, I am a person who puts a lot of sugar and milk in my coffee. I am a person who drinks coffee in a way that completely ruins the bitterness, aroma, and other good qualities of coffee. As a result, I could not feel any substantial difference. However, I did feel a sense of mental satisfaction that I was using good coffee beans. Well, I guess you could call this self-direction. It’s not a bad feeling.
どうせ飲むなら美味しいコーヒーにしようと思った僕は、コーヒー屋さんで豆を挽いてもらうことにした。スーパーマーケットに置いてある商品よりも値段は高い。さぞ香り高く美味しいのだと期待は高まる。しかし、いざ飲むという段に至って気づく。僕はコーヒーには砂糖とミルクを多めに入れる人である。苦みや香りなどのコーヒーの良さ、完膚なきまでに台無しにする飲み方をする人である。結果、実質的な違いはあまり感じられなかった。ただし、良いコーヒー豆を使っているんだ、という精神的な充足感だけは感じられた。まぁこれを自己演出と呼ぶのだろう。悪くない気分であります。

 

18th

As you all know, “having too much time on your hands” is a word that expresses the inability to make good use of one’s time. In other words, it is a state of being tossed about by time. In short, it is a derogatory term for laziness, where only time passes in a daze.
When we are not able to handle time well, our instincts tend to become stronger. In other words, greed rises to the surface. In particular, the desires that are directly connected to instincts are sexual desire, appetite, and desire for sleep. It is the “appetite” of these that I would like to deal with in this article.
We instinctively try to fill up the time we have with our “appetite”. When we satisfy our cravings in this way, we feel fulfilled. Therefore, it is said that the cause of weight gain is “overeating” or “lack of exercise,” but the root cause is “having too much time on one’s hands.
Have you ever been so absorbed in something that you lost track of time? Have you ever forgotten to eat? Well, I have. What I mean by that is that the thing you are absorbed in at the time has already taken over your “desire” and there is no room for your “appetite” to enter. One such example is when you are so absorbed in a game that you don’t even have time to eat.
Therefore, while it is good to be careful about overeating and lack of exercise as a way to lose weight, I think it is also effective to think about how to use your time. Finding something that you can get absorbed in can be a very effective remedy. I have a tendency to lose weight when I am absorbed in writing, and gain weight when I am not writing at all. I’m gaining weight now, lol.
皆さんもご存じの通り『暇を持て余す』というと、時を十分に使ってなお暇が余っている充実ぶりを表現している言葉ではない。真逆で、時間を上手く利用できていないことを表現する言葉である。言い換えれば、暇に弄ばれている状態と言える。要するにぼんやりと時間だけが過ぎている怠惰を揶揄していたりする。
時をうまく扱えていない暇な時というのは、本能的な部分が強くなりがちである。つまり欲がふつふつと隆起してくるのである。特に本能に直結している欲といえば『性欲』『食欲』『睡眠欲』である。この文章で扱おうと思ったのはこのうちの『食欲』である。
本能的に隆起した『食欲』により、持て余している時間を埋めようとしてしまうのである。そうして欲を満たすと充実しているような気になれるのだ。よって太る原因は『食べ過ぎ』『運動不足』などと言われるが、それ以前に『暇を持て余している』というのが根本的な原因だったりする。
何かに打ち込んでいて時間を忘れたことはないだろうか。食べることも忘れていたなんてことはないだろうか。僕はあるんですよぉ。それがどういう状態かと言えば、その時打ち込んでいる事柄に『欲』はすでに支配されており、『食欲』なんぞが入る隙がないのである。ゲームに夢中で食べる時間も惜しい、というのもこのひとつ。
よってダイエットの方法として食べ過ぎや運動不足に注意するのも良いのだけれど、『時間の使い方』についても考えるのも有効な気がする。夢中になれる何かを見つける、というのはなかなかの特効薬になる。僕は夢中になって文章を書いていると痩せ、文章を全然書いていないと太る傾向にあるのであった。今は、太り気味です(笑)

 

17th

I often see products with the phrase “based on human engineering”. Recently, I’ve seen it when buying a chair or earphones. However, I would like to ask the opposite question. Is there any artificial product that is used by humans that is not based on human engineering?
Even a simple chair has the shape of a chair, so it must take into account the shape of the human body. If it is called a “chair” but you can’t sit on it, it can’t be called a “chair. If a chair is uncomfortable to sit on, it must be designed based on human engineering. It’s not a matter of advertising, it’s a matter of course.
So why bother with the catchphrase “based on human body engineering”? if they want to give the image of “the highest modern precision calculations”. It somehow gives the impression that the creator has the best information of modern science and has used it to make the product. If this is the case, then it would be better to say so clearly, but there are circumstances that prevent me from saying so. The reason for this is that if the product is made with the highest level of science and technology, it will not be affordable for the average person. This is why they use the term “let the buyer imagine it on his own”. Even if they receive a complaint, they can just say, “We never said that.
In fact, my feeling is that there is no drastic difference between products that clearly state that they are “based on human body engineering” and those that do not, if they are in a similar price range. Good or bad is just a matter of compatibility.
『人体工学に基づいて』という売り文句の商品をよく見かける。最近では椅子を買うときやイヤホンを買うときに見かけた。しかしながら、僕は逆に問いたい。そもそも人間が使う人工物で、人体工学に基づいていない物なんてあるのだろうか? と。
簡易的な椅子だって『椅子』の形をしている以上、どんな物でも人間の身体の形が考慮されている。もし『椅子』という名前が付けられているのに、座れないものだったらばそれは『椅子』とは呼べない。座り心地が悪かろうとも座れる椅子であるのならば、それは必ず人体工学に基づいて設計されているのである。わざわざ宣伝文句にするほどのものではない当たり前のことなのだ。
ではなぜわざわざ『人体工学に基づいて』なんてキャッチコピーをつけるのかと言えば、『現代の最高峰の緻密な計算を施しました』というイメージを与えたいのだろう。なんとなく製作者が現代科学の最高峰の情報を持っており、それを駆使して作ったという印象を与えられる。ならばはっきりとそう言えば良いのだけれど、言えない事情がある。なぜならばそんな最高峰の科学技術が施された物ならば、一般庶民が気軽に手を出せるような値段にはならないからだ。よって『買い手に勝手にイメージさせる言葉』というところで、そういう言い方を利用しているのだろう。クレームを言われても、自分たちはそんなことは言ってません、と白を切ることができるのだから。
実際『人体工学に基づいて』と明言している商品も、していない商品も似たような値段帯ならば劇的な差はないなぁというのが僕の感覚である。善し悪しはただの相性だなぁ、と。

 

16th

To have a “theme” for any matter is to limit its scope.
It is said that “theme” is important in a story. In fact, “I don’t understand the theme of this work” is a negative evaluation of the work. That is how important the theme is. However, for me, the lack of a theme is just a matter of not limiting the scope of the work, and I don’t feel that it determines whether a story is good or bad. I feel that there are many successful writers who write without thinking of a theme. Some of them say that the theme is just something that readers add to the story later. However, the writer himself or herself is writing with the expectation that the readers will think of this as a theme. If the reader feels that the author wanted to say this and is satisfied with it, the work is a success. In short, whether the theme is important or not depends on each person. For the type of author who needs it to drive the production, it is necessary, and for those who don’t, it is just a hindrance.
If you ask me why “theme” is so important, it is because it is easier for users to understand if the theme is clear. It can be said that the ease of understanding is a criterion of good or bad for many users. From a writer’s point of view, setting a theme is a kindness to the user.
どのような事柄に対しても『テーマ』を持たせるということは、範囲を限定するということである。
『テーマテーマって言われるけど、一体何を指して言ってるの?』という疑問には、『その事柄において範囲を限定しているモノ』と答えることができる。
物語において『テーマ』は大切だと言われる。実際、『この作品のテーマがわからない』という評価は、その作品を否定的に捉えているときに言われる。それくらいテーマは重要視されている。しかし僕にとってはテーマがないということは『範囲を限定していないだけのこと』であって、それが物語の善し悪しを決めるものではないと感じている。売れっ子作家さんの中にもテーマなんて考えずに書くという人も少なくない気がする。テーマはあとから読者が勝手に『後付け』しているだけ、と言う人もいる。ただし書き手本人は書きながら『読者はこれをテーマと思うんだろうなぁ』くらいの想定はしながら書き進めてはいる。それを「作者はこれを言いたかったんだ」と読者が感じて満足すれば作品としては成功だと。要するにテーマが大切かどうかは人それぞれという程度のこと。制作を推進するために必要なタイプの作者には必要であり、そうでない作者にはむしろ邪魔になるだけというだけのこと。
ではなぜそこまで『テーマ』が重要視されるのかと問われれば、テーマがはっきりしているほうがユーザーが理解しやすいからだ。理解しやすいことが多くのユーザーにとって善し悪しの基準になっているとも言える。書き手目線で言えば、テーマを設定するということはユーザーに対する優しさのようなものなのかな。

 

15th

What is “typical”?
For example, when we evaluate the results of Tanaka-kun’s actions by saying, “That’s really typical of Tanaka-kun,” how do we view the situation?
When someone achieves a perfect result, we don’t tend to evaluate it in a “who-is-it” way. I think it’s more often used when someone is a bit ditzy or stupid. It is not a derogatory word because it is rarely used for failures. Conversely, it is not used for perfect results. Then, in what kind of cases is it often used, “when the result is good but not perfect. For example, it would have taken only a few minutes to get to Osaka on the Kintetsu line, but because I took the JR train, it took over an hour. When I asked him about it, he said he hadn’t thought of it that way. It’s times like this that I laugh and say, “Oh, that’s just like Akino. He had already achieved his goal of going to Osaka, but the way to get there was not the usual way. From this, it seems that the phrase “someone’s character” is used when the result itself is not bad, but the path is a little different.
Compared to yesterday’s “selfishness,” the evaluation of “someone’s character” is based on a different point of view.
“In fact, the value standard of “being lenient to oneself and strict to others” may actually be “character.
●●らしい、とはなんぞや?
たとえば、田中くんの行動の結果に対して「ほんと田中くんらしいや」との評を下すとき、どのようなふうにその物事を捉えているのか。
誰かが完璧な結果を出したときにはあまり『誰それらしい』という評価の仕方はされない。どちらかというとややおっちょこちょいであったり、お馬鹿であったりするときに使うことが多いような気がする。失敗に対して使うことはまずないので卑下する意味の言葉ではない。また逆に、完璧な結果に対して使うこともない。ではどんなケースで使われることが多いのかと言えば『良い結果ではあるけれど完璧な経過を辿っていないとき』だったりする。たとえば、近鉄線で大阪へ向かえば数十分なのに、JRを利用したから1時間以上かかってしまった。聞けばその発想はなかった、とあっけらかんとしている。こんなときに『もぅ、章乃氏らしいなぁ』と笑うのである。大阪に行くという目的は達成しているが、そこまでの道のりが常道ではなかった。このことから『誰それらしい』というのは結果そのものは悪くない、しかし道のりがちょっと違うときに使うものらしい。
昨日の『自分らしさ』と比較すると『誰それらしい』という評価は、見ている地点が違うということがわかる。
果たして『自分に甘く、他人に厳しい』という価値基準が、実は『らしさ』だったりして。

 

14th

What is selfishness?
When we think back on our actions later, we evaluate whether they were true to ourselves or not. Most of the time, if the result was good, it was “I was myself,” and if the result was inconvenient, it was “I was not myself. When you are lamenting about something that didn’t go well, it is unlikely that you will be proud of the evaluation that “it was brilliantly you. In other words, it seems to me that “being myself” is just a matter of saying, “I did a good job.
However, in my case, being lazy at heart is my “selfishness,” so when things end in failure, that’s when I say, “It was my selfishness.” “It would have been better if I hadn’t shown my true self.” This is the opposite of the general perception that being yourself is a good thing. I wonder what the cause of this is, in essence, in how we evaluate ourselves.
People who can be proud of themselves when they achieve good results have a “good” self-evaluation. It is also interesting to observe people with such a scale. By no means should we point out to people who are proud of their “selfishness” that their self-evaluation is “too high! or something similar. If you are praising yourself for giving a good evaluation, you will be disappointed.
If you use “character” to evaluate the behavior of someone other than yourself, another interpretation will occur. More on that tomorrow.
自分らしさとはなんぞや?
あとから自分の行動を思い返したときに自分らしかったか自分らしくなかったか、という評価を下す。たいていの場合、良い結果を出していれば『自分らしかった』となり都合の悪い結果であれば『自分らしくなかった』となる。上手くいかなかったことを嘆いているときに『見事なまでに自分らしかった』という評価を誇ることはまずない。つまり『自分らしい』というのは言い換えれば『よくできました』という程度のことなのかなと思われる。
しかし僕の場合は性根が怠惰であることが『自分らしいこと』なので物事が失敗に終わったときにこそ『自分らしかった。自分らしさなんか発揮されなければ良かったのに』となる。自分らしくあることが『良い結果を評する』という一般認識とは真逆の解釈になる。その原因は何なのかと言えば、要するにどのように自己評価しているのかというところにあるのではないかななんて思う。
良い結果を出したときに『自分らしかった』と誇れる人は自己評価を『良い』としている。こういう尺度をもってして人間観察するのも一興か。間違っても『自分らしい』ことを誇っている人に対して「自己評価、たっかっ!」などと指摘してはいけない。せっかくの良い評価を出した自分を褒めているところで、興覚めである。
『らしさ』を自分以外の誰かの行動を評価するときに使うとまた別の解釈が発生する。それについてはまた明日。

 

13th

Everyone has a need for approval. It is not uncommon for people to create a black history by repeatedly and ineffectually promoting themselves. However, it is too short-sighted to assume that the desire for approval is a bad thing.
In the first place, why do so many people have the need for approval? It’s because it’s a necessary part of life. There are many people who have accomplished great things and made great contributions to society because of the need for approval.
Why is it that some people build up a black history and others build up tremendous success?
I think it depends on whether or not they have set their sights on the right place and the right people to be recognized.
Even if you are ridiculed or belittled, you can protect your mind by preparing yourself to think that it doesn’t matter as long as it is not the person you want to be recognized by. For example, if you are being complained about by a user you don’t care about, you won’t have to argue with him or her if you don’t want to be recognized by him or her.
Also, if the person you want to be recognized makes fun of you or belittles you, it means that you are not good enough yet, and you should be able to make an effort to be recognized.
Do you understand, self?
I often admonish myself for being so passionate about being despised by unimportant people.
By the way, recognizing yourself is also one of the needs for approval, and if you can handle it well, you may be able to think that the approval from others is trivial.
承認欲求は誰にでもあるもの。それがゆえに不毛な自己アピールを重ね、黒歴史を作り上げてしまう人も少なくないと思われる。だからといって『承認欲求は悪いものだ』という決めつけは短絡的にすぎやしませんか。
そもそも、なぜ多くの人が承認欲求を有しているのだろうか。
それは生きていく上で必要なものでもあるからとも考えられるから。承認欲求があるからこそ、大きな物事成し遂げ、多大な社会貢献をした人も少なくないのである。
ではなぜ黒歴史を築き上げてしまう人と、大きな成功を築き上げる人という真逆の結果に分かれるのでしょうか。
それはどのような場所でどのような相手に認められたいのか、という照準設定が的確に行われたか否かではないかの違い、なんて僕は思うのである。
たとえ馬鹿にされようとも、卑下されようとも、それが認められたい相手からのものでない限りどうでもいい。そんなふうに思えるよう心構えをしておくと心を守ることができる気がする。たとえばエゴサをしてどうでもいいユーザーに文句を言われていたとしても、そんな奴に認められたいわけじゃないのならば熱くなって反論する必要もなくなるはず。
逆に、認められたい相手に馬鹿にされたり、卑下されたとすれば、それこそが自分にとっての必要な評価であり「まだまだ自分は不甲斐ないのだ!」ということなのだから、いずれ認められるように努力しようと思えるはずである。
「わかったか、私よ」
と、僕はどうでもいい人に卑下されて熱くなっている自分を戒めたりすることしばしばである。
ちなみに、自分自身で自分を認めるというのもひとつの承認欲求なのである。極論を言えば、これをうまく扱えさえすれば他人からの承認なんて些末なことと思えるようになるのかもしれない、かもかも。

 

12th

It’s hard to know the limits of your abilities. However, if you try everything, you will run out of time and money. That’s why we usually assume in advance whether something is possible or impossible. If you think you can complete the mission with 50% of your effort, it means it seems easy to some extent, and if you think you can complete it with 100% of your effort, it means you can assume that you will be able to complete it.
If you think you can do it if you can push yourself beyond your limits, then you think it’s possible. In other words, it’s probably an extension of your past experience.
On the other hand, if the mission seems to require a number of times your own strength, then it is probably impossible. Is it right to give up or turn down such a task as soon as possible, or is it right to challenge such seemingly impossible things? I’m a person who thinks the former way, so I give up very quickly. I don’t care if I’m accused of giving up before I even try. The fact that I am challenging something, even though I am such a quick quitter, means that I feel there is no small amount of potential in it.
自分の能力の限界を把握することは難しい。だからといって全ての物事に挑戦していては時間もコストも足りなくなる。ゆえに、たいてい事前に可能か不可能かを想定する。目の前にあるミッションがどの程度の力でできそうかと考える。5割くらいの力で完遂できると思えるのならばある程度簡単そうに思えているということ。10割ならば全力を出せば完遂できるだろうと想定できているということ。
またあるいは、実際にやってみてもしも限界を越すことができれば完遂できるかもしれないと思えるのならば、かなり困難なこととはいえ少なからず可能性はあると思えているということ。つまりこれまでの経験の延長上にある物事だと思われる。
逆に自分の力の何倍が必要なのかと思えるようなミッションならば、それはきっとポッシブルなのだ。そんな物事は早々に諦めるか断るかするのが正解か、あるいはそういう不可能と思えるようなことにこそ挑戦するのが正解か。僕は前者の考えの人なので諦めがとても早い。やる前から諦めるとは何事か、と非難されようともなんのそのである。そんな諦めの早いはずの僕が、何かに挑戦しているということは、少なからず可能性を感じているということなのだろうな、と我が事を他人事のように思いながら昨日も今日も、微挑戦を続けている。

 

11th

The movie of Nahoko Uehashi’s original story “The King of the Deer” has started to be released. I haven’t seen the movie yet, but the fact that it has started to be released has me excited. What a luxury to be able to see that great movie on film. I’d like to say that I’m going to see it right away, but I prefer to see it in a relaxed space, so I try to go later in the release schedule. I’m not a big fan of crowds. I can’t wait to see it.
上橋菜穂子さんの原作『鹿の王』の映画の公開がはじまった。映画はまだ観ていないけど、後悔が開始されたというだけでなんだかワクワクしている。あの大作を映像で観られるなんて、なんと贅沢なことだろう。さぁさっそく行くぞ、と言いたいところだけれど、僕はゆったりスペースでリラックスした状態で鑑賞したいので、公開日程の後半に見に行くようにしている。人混みは極度なまでに苦手なのである。待ち遠しい限りである。

 

10th

If I had to describe my life in one sentence, it would be, “My life has been at the mercy of sleep. I can’t sleep when I want to, and I get sleepy when I shouldn’t. If I don’t sleep well, I get sick and things don’t go well. Even when things do go well, there are many times when I feel that I could have completed things more easily if I had been able to sleep properly.
So I try to “adjust my sleep” so that I can sleep somehow, but no matter what I do, it doesn’t work.
Recently, I’ve come to think that no matter what I do, it won’t work when I’m conscious that I have to adjust my sleep. I’ve given up on sleep.
A day is not 24 hours. I’m going to go to work without sleeping.
When it thinks, the more I think about it, the more sleepy I get.
I really wish it would stop.
僕の人生を一文で表現するとすれば『睡眠に翻弄され続けた人生』になる。寝たいときに眠れず、寝てはいけないときに眠くなる。うまく睡眠ができなければ体調が悪くなり、物事が上手くいかなくなる。上手くできたとしても、睡眠がちゃんとできれいればもっと簡単に物事を完遂できたのにな、と思えることも少なくない。
そんな繰り返しだから、なんとか眠れるように『睡眠調整』しようとするのだけれど、どんなことをしても上手くいかない。
『睡眠調整しなければならない』という意識がある時点で何をしても上手くいかないのかもしれないな、と最近思うようになってきた。もぅ睡眠を諦めました。
もう限界まで眠らない、眠たいと思っても眠らない、勝手に身体が僕の意志に反して眠るまで眠らない。1日は24時間なんかじゃない。と思うことで、眠らなければならない今これを書いて微妙な眠気をむしろ覚ましている。このまま寝ないで仕事行ってきまぁす!!
と、思うと、眠気が強くなってくるの、もうほんとやめてくんない?

 

9th

There are a number of things that are important when working at a desk. One of them is a chair. I heard that the only thing that Hiroshi Mori invested in when he became a writer was a chair. Hiroshi Mori had never written a novel in his life. He thought he needed a chair. The only real investment he made was a chair, since he used a computer and other things he already had. He could have used a chair that was already there, but he bought a new one. Since then, Hiroshi Mori has created many masterpieces. This episode shows the importance of chairs.
I took advantage of this story and decided to buy a new chair. “I decided to buy a new chair, conveniently taking advantage of the fact that I was not able to work well at my desk because of the chair. I’ve been complaining about the chair and have replaced it many times. I have to blame the chair even more because I can’t get my work done even after buying another chair. To tell you the truth, I don’t want to blame the chair anymore. But I always end up skipping my desk work by watching videos or eating snacks. Every time I do that, I feel disappointed that the chair is not right for me again.
I hope the next chair that arrives will be the best fit for my body.
デスクワークには重要な物がいくつもある。そのひとつが椅子である。森博嗣さんは作家になるにあたって唯一投資したのが椅子だったそうな。森博嗣さんは、まだ人生で一度も小説を書いたことのない状態だった。そんな段階で、必要なのは椅子だと考えたわけである。その他、パソコンなどはすでにある物を使っただけなので、実質的な投資は椅子だけだったとのこと。その椅子にしても、すでにあった物を使うこともできただろう。しかし椅子だけは良い物を新調したのである。その後、森博嗣さんは多くの名作を生み出すことになる。椅子の重要性がわかるエピソードである。
という話を僕は都合良く利用して椅子を新調することにした。「デスクワークがはかどらないのは、椅子が悪いからだ」。と椅子に文句を言って、すでに何度も買い替えている。買い替えても買い替えてもデスクワークがはかどらないので、僕はさらに椅子のせいにしなければならない。本心を言えば、もう椅子のせいにはしたくない。でも、いつも動画を見たりお菓子を食べたりしてデスクワークをサボってしまうのだ。そのたびに「また椅子が合ってないのだな」と落胆する。
今度届く椅子は、僕の体にベストフィットでありますように♪

 

8th

In the past, the only way to preserve fresh raw meat was to use a shrine in the snowy mountains. The king would have to travel a long way to this place to eat the meat. It was a huge burden for the villagers to entertain the king. So the villagers wondered if there was a way to send the raw meat to the king while keeping it fresh, and prayed to the gods.
This wish reached the gods.
This is how ”Cool Takkyubin” was born.
As a result, we can also get fresh meat through online shopping.
かつて、生肉の鮮度を保ったまま保存するには雪山にある祠を使う以外に方法はなかった。そして、王様には遠路はるばるこの地まで来て肉料理を食べてもらう他なかった。村人たちにとって王様をもてなすということは、多大な負担であった。だから村人たちは鮮度を保ったまま遠くにいる王様にこの生肉を送る方法はないものかと考え、そして神に祈った。
この願いが神に届く。
こうしてクール宅急便は生まれることとなった。
新鮮なお肉もネットショッピンGOOD♪

 

7th

When I try to go to the bathroom in the middle of the night, the hallway is dark, as it should be. I fantasize about what I should do if a robber is lurking in the depths of the darkness.
I felt something unsettling in the depths of the darkness, and a chill ran through my body. The burglars, on the other hand, would probably be hiding under their breath, trying to figure out how to attack the suddenly awakened residents. It was a situation of mutual vigilance.
At this point, many residents may reflexively turn on their lights. This is because they want to see clearly whether the robber is really a robber, a roommate, or no one here. They may do so out of defensive instinct. However, doing so would make the robbers see our situation. If I show a look of fear, it will give the him calm.
This is why I resist the urge to check it out with my eyes. Of course, I know what is in the space even when I am meditating. It is only in the dark that I can make the most of the advantageous position.
With this fantasy in mind, I headed for the bathroom without turning on the light in the hallway. At this point, another concern arises, and I feel like I’m about to pee. What if it’s not a robber but a ghost? If it was a ghost, it would probably be better to turn on the light. I don’t know if anyone has confirmed that ghosts are sensitive to light, but I have a feeling that ghosts are weaker under light.
Toilets at night can be a challenge.
夜中にトイレに行こうとすると、当然のように廊下は真っ暗である。もしもその暗闇の奥に強盗犯が潜んでいたらどうすべきか、などと妄想してみる。
僕はなにやら暗闇の奥に不穏な気配を感じ、悪寒が身体を駆け巡る。いっぽう、強盗犯も突然起きてきた住人に対応するために息を潜め、どう攻撃するかを考えることだろう。互いに警戒しあうという状況である。
さて、ここで多くの住人は反射的にライトをつけてしまうのではなかろうか。なぜならば強盗犯が本当に強盗犯なのか、あるいは同居人なのか、また誰もいないのかなどをはっきりと視認したいと考えるからだ。防衛本能的にそうしてしまうのかもしれない。しかし、そうすると強盗犯にもこちらの状況をご披露することになる。もしもこちらが恐怖に慄く表情を見せでもすれば、強盗犯の心に余裕を与えてしまうことにもなる。
そんなわけで僕はライトをつけて視界を確保したい欲求を我慢するのである。当然なのだけれど、僕は目を瞑っていてもその空間のどこに何があるのかがわかっている。地の理を最大限に活かせるのだとすれば、それは暗闇であればこそ。
そんな妄想をしながら僕は廊下の電気もつけずにトイレに向かうのである。ここでもう一つの懸念が浮上してオシッコが漏れそうになる。もしも相手が強盗犯ではなく幽霊だったらどうしようか、と。幽霊ならばライトをつけたほうがたぶん良い。幽霊が光に弱いというのは誰が確かめた情報なのかは不明なのだけれど、なんとなく光の下では幽霊は弱る気がするのである。
夜のトイレはひと苦労だぜよ。

 

6th

I saw a news report that the production of new banknotes has started. The new banknotes are scheduled to be in use in early 2024. The old bills can still be used, but It will slowly become a rarity.
For example, the 2,000 yen bill is still in existence, but we never see it. It would take some courage to actually use it. I heard that even older 500 yen bills can still be used as 500 yen bills, but the clerks would probably be annoyed if they were suddenly offered such a thing. The vending machines would not even take them.
At the end of the day, the current mainstream bills and coins are the ones that will be most optimized for use (You can learn more about money in the famous book “Spice with Wolves”). Therefore, We would like to exchange our money for new banknotes whenever We can. This would be quite troublesome for those who have huge wardrobe savings. It is hard to believe that you can suddenly take 10,000 10,000 yen bills to the bank and they will exchange them right away. It is also risky to carry such a large amount of money with you. So, do we exchange them little by little? That would be a hassle.
As I was thinking about the new currency, I became pessimistic, thinking that I was in trouble.
Because I don’t have 10,000 10,000 yen bills in my house. I was really in trouble. trouble. trouble.
新紙幣の製造が開始されたというニュースを見た。使用開始は2024年初旬の予定とのこと。旧紙幣はそのまま使えるのだけれど、徐々に珍しいものとなるのだろう。
たとえば2000円札は今も存在しているらしいが目にすることはない。それを手に入れたとして、実際に使うとなると少し勇気がいりそうな気がする。それよりももっともっと古い500円札なども今も同じ500円として使えるらしいが、そんな物を突然出されれば店員さんも困ることだろう。自動販売機には相手にもされない。
つまるところ現在主流の紙幣、貨幣がもっとも利用に最適化されていくものなのである(お金については名著『狼と香辛料』で学ぶことができます)。よって、できる限りは新紙幣に両替しておきたいところだ。そうなると膨大なタンス貯金をしている人たちにとってはかなり厄介だ。銀行に1万円札を突然1万枚持って行って、すぐに交換してくれるとは思えない。それにそんな大金を持ち運ぶのもリスクを伴う。では少しずつ交換していくか。それはそれで手間である。
このように新紙幣開始について考えていると、僕は、これは困ったことになったなぁ、と悲観的になった。
なぜなら僕の家には1万円札が1万枚もない。ほんと困った困った。

 

5th

I upgraded the display of my main computer from a 24″ NA panel to a 27″ IPS panel. It is frameless and looks stylish. The picture quality is also very good. I’m satisfied so far, but it turns out that the screen is too big for my usage environment. My neck started to hurt immediately. Nevertheless, I was relieved as a result because I was not sure whether to buy the 31.5 inch or the 31.5 inch. Here I learned another great lesson. There are many famous muscle training exercises such as push-ups, sit-ups, sit-ups, squats, etc. But We don’t know anything about neck muscle training. Wasn’t it said that the head is the heaviest part of the human body? I had been wondering how modern people support their heavy heads. Everyone was playing video games for hours every day to train their neck muscles. It wasn’t that they wanted to play games. Gaming was a byproduct of neck training, and they were just playing out of necessity. The game distributors and the viewers watching them were all just training their neck muscles. This is how they prevent their necks from rolling off their bodies. Everyone is doing their best.
By the way, I don’t play games. I used to play a lot, but I intentionally avoid playing games because I get so addicted to them that I can’t stop playing. If I hadn’t, my head would have rolled on the ground.
I can say that the people around me did not have to experience the horror of my head’s rolling on ground thanks to the larger display.
メインパソコンのディスプレイを新調した。24インチNAパネルから27インチIPSパネルにグレードアップ。フレームレスで見た目がスタイリッシュである。画質もとても良い。ここまでは満足なのだけれど、しかしながら僕の利用環境では画面が大きすぎることが判明した。首がすぐに痛くなったのだ。とはいえ31.5インチとどちらを買おうか迷っていたので、結果的に安堵した。ここに私はまた大いなる教訓を得た。有名な筋トレには腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワットなどがある。しかし首の筋肉を鍛える筋トレはなかなか耳に入ってこない。人間は頭部が一番重いという話ではなかったか。現代人は重い頭部をどうやって支えているのだろうか気になっていたのだけれど、なるほどそういうことかと合点がいった。皆、首の筋トレをするために毎日何時間も大きなディスプレイでゲームをし続けていたのだ。決してゲームがしたいわけではない。ゲームは首の筋トレの副産物であり、やむを得ずプレイしていただけだったのだ。今流行のゲーム配信者も、その配信を見ている視聴者も、皆、首の筋トレをしているだけのこと。こうして首が肉体から転がり落ちるのを防いでいる。皆、がんばっている。
ちなみに僕はゲームをしない。昔はよくしていたのだけれど、ハマってしまうととことんのめり込んでしまうため意図的にゲームをしないようにしている。そんなだから首が胴体から転げ落ち、地面をころころと転がってしまうところだった。今回大きめのディスプレイを購入したおかげで、僕の周囲の人間は僕の頭部によるホラー体験をしなくて済んだとも言えよう。おめでとうございます。

 

4th

When I was watching YouTube, I found one that featured Twitter posts by viewers. It was a project to introduce the room of the contributor. On the wall of the person’s room, there was a saying that he had made himself.
“A moment of appetite, a lifetime of fat.
I was shocked, as if I had been hit on the head with a large marshmallow. And I thought, “This contributor is a genius!
At the same time, I thought of something else.
Even for such a genius, appetite is an amazing thing that is hard to suppress.
In other words, “appetite” is the equivalent of the last boss in an RPG. If I say this, you may argue, “No, sexual desire is the last boss!”
Well, let’s go with a compromise plan.
First of all, it is “sexual desire” that is the big boss. The “appetite” is the middle boss, its close associate. The brave hero easily defeats the mid-boss “Appetite” and moves on to the “sexual desire”. Then the final battle to the death begins. The hero himself swung the legendary stick around, thinking that this was the last enemy. However, as the battle reaches its climax and the “sexual desire” begins to diminish, the middle boss “Appetite” appears. And “Appetite” says in a loud voice, “Thanks for weakening sexual desire, hero. Now I can take in the Sexual desire. And then Sexual desire says to Appetite “You think you can get away with this for free?” It is the usual throwaway line.
The “appetite” takes in the “sexual desire”
Then the real boss, “True Appetite,” will stand in front of the hero.
It’s almost autumn. True Appetite is coming.
YouTubeを見ていると、視聴者のツイッター投稿を紹介するものがあった。投稿者の部屋を紹介する企画ものである。その人物の部屋の壁に自作の格言が掲げられていた。
『食欲一瞬、デブ一生』
僕は頭を大きなマシュマロで殴られたかのような多大な衝撃を受けた。「こ、この投稿者は天才かっ!」
また同時に、もうひとつのことを思った。
これほどの天才をもってしても食欲というものはなかなか押さえられない驚異的なものであるのだなぁ、と。
つまり『食欲』はRPGで言えばラスボスに相当すると言えよう。こんなことを言えば「否、性欲こそがラスボスであろうがっ!」との反論を受けるかもしれない。
では折衷案で行こう。
まず大ボスの顔をしているのが『性欲』なのである。『食欲』はその側近である中ボスとなる。勇者はあっさりと中ボス『食欲』を倒し『性欲』の前へと進むのである。そして最後の死闘が始まるのである。勇者自身もこれが最後の敵と思いながら伝説の棒をぶんぶん振り回すのである。しかし闘いが佳境に差し掛かり『性欲』が減退してきたあたりで、倒したはずの中ボス『食欲』が現れるのである。そして『食欲』は声高らかに言うのだ。「性欲を弱めてくれてサンキュウ勇者。これで我は性欲を取り込むことができる」。『性欲』が『食欲』に対して「貴様、こんなことをしてタダで済むと思うてかっ!」とお決まりの捨て台詞を吐き捨てているうちに、『食欲』が『性欲』を取り込んでしまうのだ。そうして本当のラスボス『真・食欲』が勇者の前に立ちはだかるのである。
もうすぐ秋ですね。真・食欲がやってきますね。

 

3th

If an old man says, “Nyan Nyan Nyan Nyan,” with all his charm, he will be regarded as creepy. If a woman says this, she will be regarded as cute. Therefore, we can say that cats remind us of femininity. So what about “wan wan wan”? It is true that dogs evoke a boyish masculinity in some ways. So, if a bald-headed creepy old man says “Wyan Wyan Wyan Wyan” in a catnip voice with full of mockery, will he be praised as cute? I woke up thinking in my sleepy head, “So what!” Good morning Wonder World.
「にゃんにゃんにゃん♪」とオヤジがあざとさ全開で言えば気味悪がられる。これを女性がすれば可愛いという評価になる。よって猫は女性性を想起させると言える。では「わんわんわん♪」はどうだろう。確かに犬はどちらかと言えば少年のような男性性を感じさせるところがある。となれば禿頭のキモオヤジがあざとさ全開猫撫で声で「わゃんわゃんわゃん♪」と言えば可愛いという絶賛をほしいままにするのかと言うと、そんなことはない。実際は女性が「わゃんわゃんわゃん、うふふふ♪」と言った方が賛美されるのである。
『だからどうした!』ということを思い浮かべながら目が覚めました。おはようございますWonder World。

 

2th

“Never forget your first mind” is a very good reminder. However, there is a problem with this wonderful warning. For example, let’s say you have a “first mind you had in the past”. But you forgot about that first mind, and now you realize that you are living a life of indulgence. And then, “This can’t be it!” And you renew your determination. From now on, this point will be your “first mind”. Through this repetition, you will eventually accumulate so many “first minds” that you won’t even know which one was your first mind. At this point, you need to calm down and think once again. The first thought you have is your first mind, and you discard the other first minds.
In my case, it goes like this. “Ogya-ogya! (*)”
Translation: “I’m hungry, so I’ll eat as much as I want.” and “I’m sleepy, so I’ll sleep as much as I want”.
In this way, I am now able to take pride in the fact that I have successfully fulfilled my “original intention”.
『初心忘れるべからず』というのは、まこと良き訓戒である。しかし、この見事な警句にも問題がある。それは『初心』をどこに設定するのか、ということ。たとえば『過去に抱いた初心』があったとしよう。しかしその初心をすっかり忘れ、うつつを抜かした現在を送ってしまっていることに気づく。そして「こんなことではいかん!」と新しい決意を新たにする。これからはこの地点が『初心』となる。この繰り返しで、やがていくつもの『初心』が積み重なり、果たしてどれが初心だったのか自分でもわからなくなる。ここで今一度冷静になって考える。一番最初に抱いた思いこそが『初心』であると、その他の初心を切り捨てるのである。
僕の場合はこうなってしまう。「オギャーオギャー!(※)」
※翻訳すると「僕はお腹が空いたから好きなだけ食べる」「僕は眠いから好きなだけ寝る」
かようにして僕は今、見事に『初心』を全う出来ていると自負することができている。

 

1th

I have a delusion that it would be nice to be able to break down any object into molecules with no energy. No spell is needed, just hold your palm up to the object and make a “ha ha ha” gesture, and the object will instantly return to the micro level. It’s not necessary to say that you’re using energy for the gesture.
The point is, in another room of my house, I’m facing a serious problem with a large piece of garbage. I wish I was imagining this, but it’s true. The only thing I can do with my body, which naturally does not have the ability to break down molecules, is to give it to a recycling store or take it to the city garbage disposal. I wish I had the supernatural ability to transfer objects,” I thought, adding to my delusion”.
ノーエネルギーであらゆる物を分子分解できたらいいのになぁ~という妄想に駆られる。呪文は不要、物体に向けて手の平をかざし「ふはははっ」と握るジェスチャーに合わせて、物体は瞬間にしてミクロに帰す。ジェスチャー分のエネルギー使ってるじゃんか、という微量程度はノンノンノン。
要するにですなぁ、自宅別室にて、粗大なゴミが由々しき事態となってきておる。こちらが妄想ならば良いのだけれど事実なのである。当然のごとく分子分解機能を有していない僕の肉体でできることはリサイクルショップにお譲りするか、市のゴミ処理場に持ち込むか。物体を転移させる超能力があればいいのになぁ、と妄想が追加される。

copywrited by Akino Mitsuki




コメント