今週の馬券の反省♪

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

大阪杯(GⅠ)は圧巻のレース、見事というより他にない。終わってみれば、スワーヴリチャード君によるスワーヴリチャード君のための舞台という感じでしたね。どんな競馬ファンとてその強さを認めたことでしょう。強かったですね。
馬券はといえば、スワーヴリチャード君からの馬単は買っていたものの2着に入ったペルシアンナイト君は買っていませんでした。ペルシアンナイト君の強さはすでに認めているものの、その強さを認めさせたマイルでこそ力を発揮するタイプであり、2000メートルは少し長いかなぁと思ったことと、鞍上がミルコ・デムーロさんではなかったことで今回は外したのですが、強かったですね。3着のアルアイン君は2000メートルのGⅠ勝者であり今回体調も良かったように見えました。それに勝ったのですからペルシアンナイト君はその強さを存分に発揮したと言えます。ただ惜しむらくは前に1頭いた、ということ。今年の4歳世代の層の厚さはずっと言われてきたのですが、この大阪杯はまさに4歳世代のレベルの高さを証明するかのような結果でした。着順掲示板を4歳勢が独占……否、違う、たった1頭だけ4歳世代に一矢報い意地を見せた馬がいた。そう、ヤマカツエース君6歳です。馬券はハズレになりましたが、人気薄ながらよく頑張ってくれました。
今度は天皇賞で今回走った馬たちのいくらかがまた再戦することになると思います。
古豪サトノダイヤモンド君、シュヴァルグラン君などがこのまま簡単に若い世代に屈するとは思いませんが、4歳世代もミッキースワロー君やダンビュライト君などまだまだ底を見せていない者たちの台頭も考えられるわけで。面白くなりそうです古馬GⅠ戦線。

さて、ダービー卿トロフィー(GⅢ)は見事なまでに軸が1頭もこないという的外れ予想をしてしまいました。ようやく僕らしさがでてきたといったところです。本領発揮です。今までがおかしかった(笑)
反省点があるとすれば、1着になったヒーズインラヴ君なのですが、この馬は出馬表を見た限り軸候補に挙がっていました。3番人気というのもベストでした。それなのに、どうして軸から外すことになったかというと、ここ5戦休みなくレースに出走しており、さらに体重が毎回減り続けていたのです。好成績を続けているとはいえ、そろそろ疲れが出るのではないかな、という予想から外すことにしたわけです。しかし蓋をあけてみれば、これまでよりもさらに速い1分32秒台という高速決着をやってのけて祝・初重賞制覇でした。お見事。
僕が好きな『お休み明けのレースで10~20キロくらい太って出走→そのレースで5着程度あるいはそれ以上の成績を残し→次のレースをマイナス体重で出走』という黄金ローテーションの馬が他にいない場合は、ローテーションに難アリと思えたとしてもあっさり軸から外すなということ、というのが教訓ですね。
そういえば、大阪杯はスワーヴリチャード君だけがこの黄金ローテーションの該当馬でした。思い切って1点に絞って相手を広げるという大胆な買い方も、馬券で勝つには必要な要素なのかもしれません。
考えだしたらキリがないんだけれど。
だから、何年やってても飽きないんですよね。
ではまた来週、桜花賞で会いましょう♪

今週は2レース中、的中はゼロ。今年の的中率は3割、つまり3レースに1レースは何らかの馬券が的中しているので、確率的に見れば次こそはっ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。