GⅠ・皐月賞の馬券~と、今週のその他の重賞の馬券を買う~

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2018年4月15日(日)
皐月賞(GⅠ)
3歳限定・中山競馬場・芝2000メートル

今年の牡馬クラシック第一弾。
最有力候補であったダノンプレミアムがこのレースを回避。それによりコブシを硬くした他陣営もいたことでしょう。
そこで有力馬筆頭となるのがワグネリアンであることは誰もが認めるところだと思います。あるいは前走はまさかの凡走をしてしまったもののホープフルステークス(GⅠ)の勝者であるタイムフライヤーもいます。常に高いレベルで好走を続けるジャンダルム。相当な瞬発力を感じさせるステルヴィオは、先週桜花賞を驚きの末脚で勝利して魅せたアーモンドアイと同じロードカナロア産駒ですね。その他2歳時からその素質を見込まれているグレイル、前走共同通信杯で競馬ファンを見返したオウケンムーンなどなど面白いレースを期待できる役者が揃っています。
というのが、僕の私見なので、他の人がそれぞれの馬にどう感じているのかは知りません。

というわけで、今週もランキング形式で予想記事をアップしようと思います。
ただし、先週の反省で述べたのですが、今週からは的中するまで馬券の買い方を変えています。馬券的にはもはや1頭のみ、という買い方なのですが、一応5位までは考えてみることにしました。

第5位
⑨オウケンムーン(現4人気)
この馬の、このレースでの勝ちを想像させるとすれば、そのほとんどが前走・共同通信杯にあると言っても過言ではないのではないでしょうか。
こういうとすごく失礼なことなのですが、父・オウケンブルースリ×母父・エリシオというのはどちらかと言えば地味血統です。それだけで人気を落とす要素となり、競馬ファンもこういう馬を認めるには時間がかかります。
たとえば、ディープインパクト産駒ならばたった1レースすごい走りを見せただけで人気馬になるのに、こういう馬はその1レースが度肝を抜くような鮮烈なモノであるか(たとえば7馬身差のぶっちぎりで勝利した)、何レースも勝ち続ける姿を見せることでやっと認められるようになります。記憶に新しいのがキタサンブラックですね。今や日本の競馬史の筆頭を飾るような馬も、人気馬になるまでに相応の時間がかかっています。
それをしてオウケンムーンがこのメンバー相手に現4人気というのは、それだけ前走で魅せるレースを披露したとも言えます。ここでは、その真価が問われるレースとなりそうです。

⑫グレイル(現9人気)
去年『ホープフルステークス(GⅠ)』を勝利したタイムフライヤー。グレイルは、その前走のレース『京都2歳ステークス(GⅢ)』でその2歳王者を破っていた実力馬です。
現9人気までに落ちているのは、そのタイムフライヤーがいわば格下とも言える相手に凡走するという形で競馬ファンの期待を裏切っており、そのタイムフライヤーに勝ったグレイルも「もしかしたらそんなに強くないのかもしれない」との疑問を持たれるに至った可能性が考えられます。さらに、この馬自身が前走・共同通信杯で競馬ファンの期待を裏切る走りをしてしまったことでそんな疑問に拍車をかけてしまったという印象があります。
そんなわけで連鎖的に人気が落ちた感があり、しかしこういう馬が結果的に「やっぱり強かったんぢゃないかっ!!」と、馬券的な狙い目となってくることは【競馬あるある】だと僕は思っています。

第4位
⑤キタノコマンドール(現2人気)
父ディープインパクト×母父キングカメハメハという絵に描いたような良血馬。これまで2戦して2勝。今のところ、その血脈を認めざるを得ない戦績というところでしょうか。ただし、まだ重賞レースに出走したことはなく、頂上決戦で力を発揮するタイプか否かはなんとも言えないというところ。
このメンバーでこの成績ならば2番人気となるほどのものではない、というのが正直なところでした(僕的にはですけれど)。しかし成績以外の要素を考えるのならば容易に納得できます。
まず血統は言わずもがなでしょう。加えて騎手がミルコ・デムーロであることはかなりのアドバンテージ。さらにあの『世界の北野』が名づけ親であること、さらにさらにDMMバヌーシーの馬であること、などなど色んな要素が重なっている馬なのです。勝てば最もニュースにしやすい馬なので、勝つことを望む人も多くて当然なのです。

第3位
③ジャンダルム(現7人気)
この馬の素質は誰もが認めるところだと思います。ただし、これまでのレースで1番人気になったことは1度もないというところで、安定の2、3番手という印象が強いのかもしれません。しかしどのレースでも常に人気よりは良い着順でゴールしていることから、競馬ファンが思っているより走れる馬だと言えます。
現在7番人気。なめやがって、と吐き捨てるかのような走りを見せることが無きにしもあらず?

第2位
②ワグネリアン(現1人気)
父はディープインパクト、母父はキングカメハメハという絵に描いたようなエリートの血を持っています。実際、その血脈に恥じない走りをこれまでに見せており、この世代の頂点に君臨する風格を感じさせるものがあります。前走は現クラシック世代王者・ダノンプレミアムに敗れたものの直線での速度はこの馬の方が上でした。ちょっとした調子の落差や気分、騎手の判断などで結果をひっくり返せる馬であることは誰もが認めるところではないでしょうか?  現状1番人気で、最終オッズもこのまま1番人気で推移することだろうと思われます。なので配当的に儲けが出辛いので、2位にしたというところ。馬券全体の収支を考えなければ、1位だったかも。

第1位
⑮ステルヴィオ(現3人気)軸①
特に根拠はありませんが、このレースは高速決着すると考えています。そうすると根本的に最高速度の速い馬でなければ勝てないと予想。
中山競馬場に適性もあり、これまでのレースでそこそこのスピード(瞬発力)を感じられ、なおかつ馬券の配当的なバランスが良さそうに思えたのがこの馬でした。
どんなレースにも言えることですが、馬券収支的なことも踏まえて、こういう馬が好走してくれるのが僕的には最も有り難いのであります。

今回の馬券の買い方は単勝馬券に重きを置いています。購入馬券を見ての通り⑮ステルヴィオが1着になるか否か、という集中的な買い方。補助馬券は考えませんでした。ゆえに、軸②、③という考え方を必要とせず、また予想の順位付けの必要も特にありませんでした。
1レースだけで収支を考えていない、というのが特徴と言えば特徴。4レースを1つの馬券と見立てた買い方をしています。これまでは1つのレースの中だけで勝負馬券と補助馬券などを買っていましたが、今回は4レースを勝負レースと補助レースに分けることで、1つの馬券として構成したつもりです。
つまり4レースのうち1つでも当たれば良いという買い方。そのうち補助レースの馬券だけが当たれば今回の収支はプラスになるようにしています。
もしも勝負レースの馬券が当たれば前回の負け分を取り戻した上で、さらに今回の支出分もカバーするという買い方なので、この買い方の最大の目的はこれまでの負債を取り戻すことにあります。要は、これまではレース全てにおいて勝負馬券と補助馬券の両方を買っていたのを、補助馬券を買わないということ。その浮いた分を勝負馬券の方に上乗せすることで『戻ってくる配当金が多くなるように設定した』ということです。
デメリットは1レースごとの的中確率が落ちるということ。4レース不的中の可能性は前回までの買い方よりかなり高くなっているということです。

ただし、僕は『馬券はそうそう当たるものではないけれど、ハズシ続けることもまた難しいこと』だと考えているので、そのうち的中して負債分が戻ってくるまでは、この買い方をし続けていれば良いかなぁと楽観視しています。そもそも競馬はエイターテイメント、楽観するくらい気楽な方がよろしい、ということで(笑)

では続いて、今週の他の3レースの馬券もアップしておこうと思います。

4月14日(土)
中山グランドジャンプ(GⅠ)
障害4歳以上・中山競馬場・芝4250メートル
1着賞金6600万円

障害レースの絶対的王者・オジュウチョウサンが登場します。さらに『オジュウチョウサンがいなければ間違いなく絶対的王者になれたのに』という強者・アップトゥデイトという障害の二枚看板とも言える両者が激突します。人気は当然この2頭が集中的に集めることは想像に易く、実際現3番人気の③ニホンピロバロンは単勝で10倍近い配当となっています。
もはや予想するまでもなく、オジュウチョウサンが勝つ、と考えることが妥当であり、そうでなくともアップトゥデイトが土をつけるくらいが波乱の限界か、と思えるくらいこの2頭の強さは抜けている印象。しかし無敗で最強とうたわれたディープインパクトとて負けるのが競馬なのです。そういう最強とうたわれている時に、他の馬の馬券を買うのが最もオイシイのです。
というわけで、オジュウチョウサンだと思うのですが、馬券的オイシさを考えると③のニホンピロバロンになってしまいました。この馬のおかげでオジュウチョウサンは『2年連続無敗』を冠できずにいます。つまりこの2年間で唯一オジュウチョウサンに勝ったことがあるのがニホンピロバロンなのです。
ただし、この馬、前走までかなり長い間休養しています。その理由は知りませんが(調べればすぐにわかることだけれど、そゆのしないタイプ(笑))、何らかのマイナス要素があったからこそ出走しなかったと想像することは容易い。それに以前オジュウチョウサンに勝ったことがあるとは言え4000メートルを超える距離をまだ走ったことがない、ということもマイナス要素となるでしょう。でも逆に言えば、まだ走ったことが無いからこそ未知数ともいえるわけで(超プラス思考(笑)
前のレースでは超久々ながら2着に入ることで『走れなくなったわけではない』ことを証明しているので、ここでは『あわよくば馬券』的な意味合いで買っておくことにしました。

4月14日(土)
アーリントンカップ(GⅢ)
3歳限定・阪神競馬場・芝1600メートル
1着賞金3800万円

世代屈指の強豪馬達がクラシック路線(皐月賞や日本ダービー)に向かう中、『ちょっと地味だけれどGⅠはGⅠだし』というNHKマイルカップ(GⅠ)路線を目指した【世代屈指だけれども比較的地味目のお馬さん達】が出走するイメージを持っているレースです(あくまでも私見です)。
なので、重賞戦線では勝負にならないようなちょっと弱めのお馬さんも記念的に出走できなくはないレース。
そんな中、今後短距離戦線をリードしていく素質馬が、記念出走のお馬さんと同じような実績のない状態で出走してしまうレースなので、そのへんの見極めが非常に難しいレースだと僕は思っています。
去年はペルシアンナイトがここでその素質を見せつけました。その前の年の勝者・レインボーラインも現在古馬重賞戦線で活躍中。さらにさかのぼった2014年の勝者・ミッキーアイルはこのあと短距離戦線をリードする強い馬だったわけです。
だからといって、僕が今後活躍する可能性を基準に馬券を考えるということはありません。そんなの全く分からないので。
なのでこれまでの成績とオッズのバランスが良さそうだと思える馬を買うだけであります。
そうして白羽の矢を立てたのが⑩エアアルマスです。単勝1点買いです。現5人気というのが良いです。3人気だったら②のインディチャンプを軸に買っていたと思います。ただ、インディチャンプの現2番人気は馬券的にオイシクナイ気がするのです。そこまで信用はできないというのが現段階での僕の見解。ただ何を言っても、現1人気であり明らかに実績が抜き出ているタワーオブロンドンの実力が本物かどうかに馬券の全てがあると言えますね。馬券的には偽物であってほしいけれど、今後の短距離路線の楽しみのためには本物であってほしくもある。複雑であります(笑)

4月15日(日)
アンタレスステークス(GⅢ)
4歳以上・阪神競馬場・ダート1800メートル
1着賞金3600万円

ダートでものすごい強さを見せていたグレイトパールが出走します。しかしおよそ1年間のブランクがあるので、そのへんの影響がどの程度なのかがこのレースの予想のポイント。1年前の平安ステークス並みの強さが維持されていれば、間違いなくここは楽勝の実力者でしょう。
次点は前走でとても強いレースをして見せたナムラアラシで間違いないでしょう。実際現段階で、この2頭が人気をほぼ独占している様相。
さらぁに、現3人気のユラノトは父キングカメハメハ、母コイウタという超良血馬。ここ2走ではその能力の片鱗をしっかりと見せてきたなという印象。このレースの勝利を起点に、これからのダート界を盛り上げる1頭として台頭する可能性を感じさせるものもなくはない1頭です。
しかし馬券の収支のことばかり考えている僕は、この3頭を飛び越えて飛び越えて、コスモカナディアンを買うことにしました。前走マーチステークスでもこの馬を軸に馬券を買いました。ハズレました。でも、馬券というのは全部当たる必要はなく、何レースかに1度でも当たれば利益を確保できるわけです。いつか、人気薄での激走があるのではないか、とコスモカナディアンには期待しています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。