天皇賞・春(GⅠ)と青葉賞(GⅡ)の馬券を買ってみる♪

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2018年4月29日(日)
天皇賞・春(GⅠ)
京都競馬場・芝3200メートル
1着賞金1億5000万円

今年の天皇賞・春は、有力馬・クリンチャーに騎乗予定であった武豊騎手が騎乗停止のため出場できない、というニュースが競馬ファンにとって比較的大きな意味を持ちそうだな、という印象です。
武豊がそれほどに大人物だから、ということも言えますが、しかし実際に走るクリンチャーが出ないわけではありません。本来ならば「まぁ仕方ないなぁ」くらいのことで、騎手が替わったならば替わったなりの予想をするだけのこと、という感じで流す人も多いかと思われることだったりします。
それがどうして今回に限り大きな意味を持つのかと言うと、出走する馬がGⅠにしては小粒という感じだからです。
なんと言ってもGⅠレースなのです。
競馬ファンはGⅠに相応しい華を求めてしまうもの。それが今回は華スクナ目な印象の天皇賞・春になりそうな感じだったのです。だからといってGⅡやGⅢを見る感覚で臨むということはできない。がゆえに、少しでもGⅠに相応しい華を見つけたいと思うのが人のココロ。
武豊という華は、今回は特に大きい一輪であったということです(あくまでも私見&私情です)。

一方で、『GⅠ』という冠が持つ威力とでも言うのでしょうか、レースが近づいてくるにつれてワクワクは高まってくるもので(笑) メンバーが小粒なんてことは二の次、GⅠであるということに意味があるのだ、とでも言わんばかりの僕のココロであります、ゲンキンなものであります(笑)
では今回もランキング形式にて♪

第5位
⑧クリンチャー
スピードというよりもスタミナとパワーを感じさせる強い馬です。血統も父・ディープスカイとパワーを想起させます(あくまでも私見)。もしも馬場が悪ければこの馬のためのこの馬によるこの馬のレースとなるのかもしれません。ただ、今の京都の馬場はそこそこスピードを必要とする軽い馬場という印象。それでも圧倒的なスタミナで押し切り戴冠ということも十二分に考えられる、目下上昇中の有力馬であることに違いありません。

第4位
⑩サトノクロニクル
第2位にしても良いくらいの1頭。そうしなかったのは、他に良い馬がいたというより、他の馬の方が人気薄なので馬券的においしいから、という理由。最近の成績などからすれば間違いなくもっと上位にしていました。なかなかの良血馬であります。父親ハーツクライは長距離も範囲内の血統、それに加えて瞬発力(スピード)も十分に持っている血統。まだまだ4歳ですから、その能力の最大値は未知数。どの時点でGⅠ勝者になっても不思議ではないし、ならなくても不思議ではありません(笑)

第3位
⑭アルバート
まさかのアルバート。天皇賞でこの馬を有力馬の1頭として挙げることになるとは思わなかったものです。しかし今回ならば面白いかもしれない、なんていうふうに思えてしまいました。その理由は、ただただこの馬のスタミナの豊富さに尽きます。一方で、GⅠで勝利するほどの瞬発力(スピード)がないというところでなかなか買えない馬ではありました。しかし今回のメンバーは全体的にさほど瞬発力が高くはないように思えます。ならばスタミナ勝負となり、レース序盤で前に出てくれればそのまま押し切れる可能性も無きにしも非ず、なんて期待を。

第2位
①ミッキーロケット
これまでにも幾度となく馬券の軸にしてきたミッキーロケット。その期待に応えてくれたことはなく、気のなが~い僕とてそろそろ見限ろうかというところでありました。しかしここではメンバーに恵まれたのではないかなという印象。また上位に挙げてしまいました。
ここでは多くの人に見限られたのでしょう、人気がありません。1枠発走で内々をずっとずっとマイペースで進み、距離のロスなく走り切れれば、まさかのGⅠウイナーの称号を得る、なんてことがあってもよろしいのではないでしょうか。

第1位
⑫レインボーライン
今回の天皇賞・春の予想にあたっては、世代を代表するような馬が登場するでもなく比較的地味目のメンバー構成。したがって取捨選択の際、これという1頭が目に飛び込み、それを軸に馬券を組み立てるというより、消去法により最後に残った馬がレインボーラインだったというような感じです。まずはこれまでの戦績を見る限り長距離に適性があるということと、前走ではまだ本調子ではない余裕も感じられたことと(あくまでも私見であり、一杯一杯だったかもしれない)、それまでの臨戦過程が良いというところでしょうか。臨戦は休み明けに10キロ以上増で好走してからの本レースであるというところです。あと父親がステイゴールドというのも長距離との相性や爆発力を感じさせるものがありますよね。

※天皇賞おまけ
・最有力馬シュヴァルグランを選ばなかった理由。
スピード、スタミナ、実績などなど、この相手関係では一枚上手であることは誰もが認めるところ。1番人気になることも容易に想定できることです。しかし、前走大阪杯では長期休み明けにも拘わらず馬体重が減っていました。その上で大敗しました。良い休養を取っていれば多少太っているというのが僕の考え方で(事実であるかどうかは関係なく)、ゆえに減っていたということは調教をビッシリやってきたか、体調が良くないかのどちらかではないのかなと想定してしまうわけです。もしも調教をビッシリやってきての大阪杯13着ならば、これは不調や年齢的衰えと捉えることができるので、今回1番人気として買うほどには信用できないという結論に至りました。
・ガンコを選ばなかった理由。
前走日経賞でもガンコを買わないと固く心に決めて臨みました。しかしガンコはガンコにも1着になりました。ガンコでした。強かった。ここでもガンコはガンコにも1着になるかもしれないけれど、僕もガンコに敬意を表してガンコは買わないというガンコな気持ちをガンコに持ち続けようと思います(何言ってんだか(笑))。

2018年4月28日(土)
青葉賞(GⅡ)
3歳限定・東京2400メートル
1着賞金5400万円

ダービーと同じ舞台で開催されるトライアル。にしては少々地味な印象のある重賞レースです。というもの世代トップクラスの多くは先の皐月賞に出走する傾向にあるため、皐月賞に調整が間に合わなかった馬や、何らかの理由で出られなかった馬、記念受験的な馬などが出走する印象があります。
ただ、だからといって軽視して良いレースではないことは確かです。ここから爆発的な跳躍を魅せる馬が今回、今後ともに出てこないとは限らないのですから。
現在1番人気のオブセッション。前走弥生賞(GⅡ)では有力視されていましたが、コーナーで大きくふくらみ、結果は大敗。ここではもっと人気を下げるかと思いきゃそうではありませんでした。敗因がリカバリーできるものだと競馬ファンは判断しているのかもしれません。僕はコーナーでふくらんだとはいえ、その後の直線の加速が今一つだったような気がしたので、ここでは馬券の相手まで、という評価です。
最終的には1か2番人気になりそうなスーパーフェザーは今回かなり有力ですね。前走アザレア賞は同じ2400メートル。そこで上がり3ハロン33秒6でその足の速さを証明したという感じ。ただ、タイムそのものは平凡であったため、まだ判断はできないということで馬券の相手まで。
サトノソルタスも最終的には1か2番人気になりそうな雰囲気が漂っています。鞍上がミルコというのもかなり不気味。圧勝という想像図も思い浮かべやすい1頭ではないでしょうか。デビュー2戦目にして豪脚を披露した前走。その時より600メートル長い2400メートルに適性があれば、ここはあっさり勝利することも十二分に考えられます。ただ、僕的には最終的に1番人気になりそうな気がしているので馬券の相手までとしました。1番人気に用はない、という信念を貫いて。
2走前に競馬ファンの「バケモノかもしれない」との期待を裏切ったことで、「ごく普通の馬なのかもしれない」なんて思われたかもしれない超良血馬・ダノンマジェスティ。こういう期待値が高かったがゆえに、その反動であるかのように人気が急落してしまった馬が嫌いぢゃないのです(笑)
というわけで配当的なうま味を考慮して、ダノンマジェスティを軸に馬券を組んでみることにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。