今週の馬券の反省♪~天皇賞・青葉賞~

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

優勝馬・レインボーラインがレース後に故障を発症してしまいました。現状『ハ行』という診断。命の危険はないということです。無事回復してくれることを願いたいですね。
馬券は外れました(笑) ミッキーロケットが直線で内に切れ込んだ時、もしやとドキドキしました。それだけで買った価値はありました。ただ、素直に1位にて推奨したレイボーラインの単勝を買っておくべきでした。なぜ4位のサトノクロニクルの単勝を勝ったんだか(笑) 言っても仕方ないことですね。今後の馬券の買い方の参考とすることにします。
シンプルイズザベスト!!

青葉賞では軸が来ず、馬券の相手に選んだ馬同士の組み合わせで決着しました。BOX買いをしていれば、というような結果で、このようなことはよくあることです。
なぜBOX買いをしないのかと言えば、買い目を絞ることで1点につぎ込む投資金を増やし、配当金を良くしようとしているから。
このように理由が明確ですから、「BOX買いをしておけば良かった」などと嘆くことはお門違いということになりますね。
ハズレはハズレ。狙いがズレていた、ということで、こればかりは仕方ないことです。しかして、まぁ予想の方向性は間違っていないので、今度こそは的中させたいものです。
青葉賞はダービートライアルレースですから、今後行われる日本ダービーの参考にするレースと言えます。で、今回の青葉賞を『ダービーを予想する際にどの程度の重要性をもつのか?』という視点で見ると、あまり重要視するようなものではないだろう、というのが僕の感想です。つまり今回、青葉賞で好走したからといってダービーで優先的に買うということは有り得ないという感じです。驚き注目するほどの馬が見当たらなかった、というところであります(あくまでも私見)。

次はNHKマイルカップ(GⅠ)です。3歳の1600メートル戦のトップを決めるレースです。
ただ、3歳と言えば主流は皐月賞➡日本ダービー➡菊花賞、あるいは桜花賞➡オークス➡秋華賞であるため、強力な馬達はそちらのローテーションに流れがち。したがって3歳GⅠレースの中では少々インパクトに欠けるという印象。
とはいえ、歴代に名を残す名馬もこのレースの勝者であったりもします。
キングカメハメハ、クロフネ、ディープスカイ、エルコンドルパサー。
今年はどんな馬が勝つのか、楽しみであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。