NHKマイルカップ(GⅠ)と京都新聞杯(GⅡ)の馬券を買ってみる♪

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2018年5月6日(日)
NHKマイルカップ(GⅠ)
3歳限定・東京競馬場・芝1600メートル
1着賞金1億500万円

第5位
①カツジ
前走は後方待機からの末脚一気の強い競馬をしてみせてくれました。ここでも有力視されて当然というところ。上位人気の一角を担うことが予想されます。1枠発走であるため、できれば先行してほしいところですが、前走の成功をそのままここでも適用、とする可能性も考えると不安要素であります。あと、ローテーションと馬体重の増減から前走こそがベストな体調だったのではないかな、というのが僕の印象。GⅠですから体調のちょっとした下降が着順を大きく変えることもあるので、その点も不安要素として考えました。

第4位
⑪ケイアイノーテック
圧倒的なパフォーマンスを見せた、というようなレースはないものの、レベルの高いレースを安定して続けています。ダノンプレミアムなど、瞬発力トップクラスの馬にもある程度ついて行ってることから最高速度もそこそこのものを持っていると思われます。ここでも有力視され、勝ち負けをする馬であることは確かで、さて、どれほどの伸び白があるのか、というところでしょうか。

第3位
⑦タワーオブロンドン
おそらく1番人気になるでしょう。1番人気に用はありません、という信念に従い、軸馬にすべく順位にはしませんでした。実績は出走馬の中で間違いなくナンバーワンです。体調がどうなのか、というところですが、臨戦的にここがベストの状態で登場するのではないでしょうか。強いと思います。

第2位
⑨ギペオン
NHKマイルカップで好走する条件は、1600メートル戦の実績があること。しかしながらギペオンはマイルを走ったことがありません。その点で人気が少々落ちてくれるのではないかな、と期待します。ミルコデムーロ騎手との相性も良さそうな気がしています。

第1位
⑤プリモシーン
高配当を狙うならば、牝馬を狙うというのが1つの手段であり、出走牝馬の中で激走の可能性を秘めているのはこの馬ではないかな、と言う感じです。強豪馬相手ですから、かなり厳しいかもしれませんが、人気薄に多くを求めはしません。『もしかしたら』と思える何かがあれば、買う価値がある!! それがビバ穴馬♪
桜花賞からNHKマイルカップという臨戦は決して悪くはなく、その桜花賞ではプリモシーンをイチ押ししていました。その時は期待には応えてくれませんでしたが、まだまだ推します。

2018年5月5日(土)
京都新聞杯(GⅡ)
3歳限定・京都競馬場・芝2200メートル
1着賞金5400万円

現地・京都競馬場に行ってまいります♪
生観戦だといつも以上に当てたいっ!!

ものすごぉい良血馬が出走していますね。
女傑エアグルーヴの孫で、その
父はキングカメハメハってどれだけ盛るの、という豪華血統。④リシュブール。しかしながらそんなに強くなさそうな成績。ただ突然目覚め爆発するのが血の怖いところ。ではありますが、ここでは買えません(笑)
⑤タニノフランケルもリシュブールに負けてはいません。母ウォッカ、父フランケルという、ぼかすかGⅠを勝ったバケモノ両親の息子様であります。しかしながら人間の場合、2代目馬鹿息子、なんてことがあります。タニノフランケルはどうなのでしょうか(笑) 実績は、う~ん、いま一つといったところ。買わないと思います(笑)
⑦ケイティクレバーは2走前のすみれステークス(今回と同距離)でキタノコマンドールの2着。タイムもそこそこなので、走れなくはない1頭という感じでしょうか。
⑩レイエスプランドルも京都新聞杯と同距離の2200メートルで1着と2着の実績があるので、距離適性が悪いということはないでしょう。ただタイムが平凡なため重賞クラスになった場合、どの程度通用するのかといったところ。
⑪アルムフォルツァは出走馬中唯一の距離短縮馬。京都競馬場の2400メートル戦勝利していますから、適性もあるのでしょう。なによりも、京都新聞杯、11番枠が何かと馬券に絡みがちというところでも押さえておいても良いのかな、というところ(笑)
⑫ユーキャンスマイルは、父キングカメハメハ、母ムードインディゴとそこそこ魅力的な血統。京都2200メートルでの勝利実績もあります。タイムが平凡ということもあるので、どれだけ成長しているのかというところでしょうか。
さて、これまでのレースを見る限りこのレースでは①フランツ②グローリーヴェイズが分かり易く有力馬でしょう。馬券から外せないなぁという感じで、どちらに重きを置くかといったところでしょうか。
僕は②グローリーヴェイズを重めに考えることにします。理由は、臨戦過程と馬体重の増減ですね。前走きさらぎ賞では8キロ増で出走し2着。ここではきっとマイナス体重で出走してきてくれることでしょう。体調がフランツよりも良い状態であるはず、という予想です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。