今週の馬券の反省♪~NHKマイルカップ・京都新聞杯~

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

藤岡祐介騎手、初GⅠ制覇おめでとうございます、ですね。
今年は調子が良いと思ったら、まさか両重賞を勝利するとは! しかも6番人気と7番人気での勝利ですから、ほんとうに素晴らしい。

併せて岩田康成騎手も両重賞の馬券に絡むという結果。

京都新聞杯は馬券に選んだ馬の全てが3着にすら入らないという惨憺たる結果でありました。ここまで的外れとなると、ハズれたことは結果論であり、一体何を反省点として顧みれば良いのかサッパリです(笑)
しいていえば、荒れるレース、と読み切れなかったことでしょうか。
有力視されていたフランツですが、出遅れたのか最後方からの競馬。最後の直線でもそこそこ追い込んではきていますから、道中後方待機しすぎたから負けた、という見方もできます。が、それにしては10着は負けすぎという印象。クラシック戦線で戦うには少々荷が重すぎたのかなという評価です。グローリーヴェイズは出遅れたり極端な展開の不利を受けたわけではないし、4着まで上がってきてはいるのですが、フランツと似たような評価でしょうか。

NHKマイルカップは予想第2位にして単勝馬券も買っていたギベオンが健闘。とはいえ、陣営や鞍上としてはまた2着かよ、という感じでしょう。惜しいところでした。
そして、その横をものすごい脚でゴールを駆け抜けていったのがケイアイノーテック。騎乗停止で乗れなかった武豊さんの代打で乗ることができたチャンス。それを見事にものにできる藤岡騎手に対しての評価も、今後見直さなければならないでしょう。ただし、このレースに限っては騎手の腕が光ったという感じではなく、外を回して(ほかの馬に良い位置を取られて)後方から追い出したらものすごく伸びただけ、という印象もあります。つまり、馬そのものが強かった、という感じであったりもします。とはいえ、それでもそう簡単にGⅠに勝つことができるわけではないので、藤岡騎手の騎乗が、今年は特に良いということは確かだと思います。
何と言っても、馬券は馬単の方が当たりました。もしもギベオンが勝っていればブログ上は見栄えの良い単勝が当たっていましたが、このレースの賭け金が戻ってくるだけだった程度。それが藤岡騎手とケイアイノーテックが頑張ってくれたおかげで5千円弱のプラスになりました。予想上4位が1着だったのですが結果オーライライであります。

次回はヴィクトリアマイル(GⅠ)、牝馬限定の1600メートル戦ですね。芝GⅠの中では比較的重要度は低めという印象のレースです。が、とはいえGⅠなのです。
いつGⅠを獲るのだろうか、という充実の時にいるリスグラシューが登場しますね。それ以外にも強豪ソウルスターリングや、なんやかんやで来るレッツゴードンキなど、なかなか面白いメンバーが出走します。面白いレースが期待できそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。