今週の馬券の反省♪~ヴィクトリアマイル、京王杯スプリングC~

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


京王杯スプリングカップはもはや当たったも同然。
ハズシタケレド(笑)

ムーンクエイクは馬券の頭、相手筆頭はサトノアレスでした。この2頭が伸びてきたので、ドキドキしましたね(笑)
 問題のキャンベルジュニアですが、最後まで悩んだ一頭でした。これまで裏切られ続けていたビップライブリーの3度目の正直を信じたことで、買い目を絞るため馬券から外すことに。そのビップライブリーこそを前走で見限ったという決断を優先すべきでした。
結果、配当は7万円でした。
ビップライブリーは僕の競馬史に、馬券を邪魔した馬として新たに追加されることになりました。ちなみに僕の競馬史において、馬券の邪魔をした馬にはキタサンブラックとかものすごい馬も入っております(笑)

ヴィクトリアマイルは全然荒れませんでした。
レースそのものを『大荒れ』と設定したため、買い目を増やすなど投資金を奮発したのですが、裏目に出ましたね。
反省点は、どのように思うレースであろうとも、投資金はある程度一定で抑えつつ、その中で、妙味のある買い方を選択するというところでしょうか。冷静さが大切(笑)

ラビットランをはじめ、二桁人気の馬が人気相応に凡走。大荒れを演出する馬達のどの一頭も台頭せずでした。的外れでありました。
さて、馬券は良いとして、競馬ファンとしてはリスグラシューについて、いろいろと思うところが出てくるような結果になってしまいましたね。
またもや直線で豪脚を披露するも載冠に至らず。馬そのものの強さ、という意味では間違いなく『リスグラシューが最も強い馬だった』と言う人も多いのではないでしょうか。しかし結果が全て。2着なのです。
後ろから迫っての鼻差という僅差でしたから、道中もう少し前に出していれば、なんて思ってしまうのは、もしかしたらお客側だけではなく、陣営側も感じたりするのかなぁとか思ったり。
僕としてはリスグラシューは武豊さんでGⅠを獲ってほしい、という気持ちがあるので、乗り替わりなんてことは望みませんが、短期免許取得など外国人騎手がたくさん日本には来ますからね。いずれにせよリスグラシューにとって今回のレースが最も獲りやすいGⅠだった、というのは言い過ぎではないでしょう。それを獲れなかったというのは、この馬や陣営にとっても大きな分岐点となりそうな気がします。

強い馬が勝つという一方で、強いだけでは勝てないという側面もある。矛盾しているようでいて、これが矛盾しているわけではないというのが競馬の面白いところなのでしょう。

ところで今週は、買い目を公開したのは重賞のみでしたが、当日レース前に時間があったので、10Rにも手を出していました。なんとそちらで買った3連単が的中し、実は今週の収支はプラスになっていたり(笑) 助かりました。

次回は牝馬クラシックの頂点・オークスであります。実績と自在性を兼ね備えたラッキーライラック、桜花賞でその能力を見せつけつつも距離適性が未知数のアーモンドアイ、フラワーカップ勝利から桜花賞に向かわずオークスに直行してきたカンタービレなどなど面白いメンバーが揃ってくれました。ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。