今週の馬券の反省♪~オークス~

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

オークスの反省はもはやこの一点に限ります。
アーモンドアイのバケモノじみた強さを見抜けなかったこと。
他の馬が、歴代オークスと比べて弱い、なんてことはありません。2着リリーノーブル、3着ラッキーライラックは間違いなく強い。しかし、アーモンドアイはその上、レベルが違いましたね。

父・ロードカナロアは短距離馬だったため、もしかしたら長距離になた途っ端、全くダメだという可能性を考えたのですが、愚かでした。
馬券はもちろんはずれましたが、しかし競馬ファンとしてはこのように圧倒的な強さで魅了してくれる馬が大好きであります。したがって、アッパレ。負けて清々しい気持ちを与えてくれる、そんな見ごたえのあるレースでした♪

サトノワルキューレはやはり臨戦過程が少しキツかったのかもしれません。調子を落とした走りに見えました。前走フローラステークスを激走した、同じくパイオニアバイオもですね。例年、レース間隔が短く、さらに出走の権利を取るために手を抜けないガチで走る傾向にあるため、フローラステークス組はなかなか勝ててないという点を来年まで覚えておかなければならないかもしれません。

次回はホースマンの夢、世代の頂点を決めるダービー(GⅠ)です。
今年は新たなダービージョッキーが生まれるのか、はたまたすでにダービージョッキーである騎手が優勝回数を増やすのか。
ここまで無敗、世代をリードするダノンプレミアムが満を持して登場します。そう簡単に頂点は渡さないと、皐月賞優勝馬エポカドーロ、京都新聞杯を快勝したステイフーリッシュ、無敗のままここに照準を合わせてきたブラストワンピース、ステルヴィオやキタノコマンドールなど、世代屈指の実力馬達が揃いました。
馬券はオークスに続き、難しいところだけれども(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。