日本ダービー(GⅠ)、目黒記念(GⅡ)、葵ステークスの馬券を買ってみる♪

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2018年5月27日(日)
日本ダービー(GⅠ)
3歳限定・東京競馬場・芝2400メートル
1着賞金2億円

現時点での世代のトップを決めた皐月賞、その勝者であるエポカドーロが現時点で5番人気、2着のサンリヴァルに至っては14番人気に甘んじています。このことが今年の牡馬クラシック戦線の役者の豊富さを物語っているかのようです。
皐月賞以前より完成度が他馬とは違う、と特別視されてきたダノンプレミアムが登場します。実際、圧倒的な1番人気ですね。続く2番人気ブラストワンピースはまだ多くの馬達と直接対決をしたことがない不気味な存在。3番人気以下、多くの馬達がすでに直接対決を経験済みとはいえ、それぞれが勝ったり負けたりとまだまだ勝敗の決着はついていない模様。その他前哨戦で強い勝ち方をしてなお人気落ちしている馬もいたりとかなり、今年のダービーは盛り上がり必至という感じでしょうか。
では今回もランキング形式にて。

第5位
⑧ブラストワンピース
無敗の1頭。
NHKマイルカップで好走し、GⅠ級であることを証明してみせたギベオン。ブラストワンピースは毎日杯で、このギベオンにつけ入る隙すら与えず勝っています。皐月賞組を抑えて現2番人気にまでなっているのは、この点に加え、ダノンプレミアムと未だ直接対決をしていない未知数の魅力があるからではないでしょうか。

⑬グレイル
現10番人気。
2歳時は常に人気でしたから、順調に人気を落としてくれていっています(笑)
皐月賞では10番人気ながら、強豪ステルヴィオとキタノコマンドールに負けず劣らずの末脚を発揮してついてきています。まだまだ見限って良い馬ではないような気がします。

⑰ワグネリアン
クラシック世代屈指と言えばダノンプレミアムに続き、この馬の名前が挙がることでしょう。血統背景や実績からもそれは誰もが認めるところではないでしょうか。現時点で4番人気。2番人気になっても良いくらいの存在ではあります。そう考えると『人気を落としている』という捉え方ができるのですが、その要因は外枠に入ってしまったこと、2400メートルという距離が皐月賞2000メートルよりはマイナス要素なのではないか、皐月賞での負け方がここへの続きを感じさせなかった、などでしょうか。
しかし間違いなく、世代屈指の強豪であることは間違いない一頭です。

第4位
⑦コズミックフォース
なんと現16番人気。ダービーは人気決着しがちなレースですから、人気だけで買い目から除外しても良いくらいのもの。しかし父キングカメハメハということで東京2400メートルに並々ならぬ適性を発揮してくれるのではないか、なんて期待をしてしまいます。もちろんこれまでのレースが全く良いところ無しというのならば話は別ですが、前走プリンシパルステークスでは2000メートルを1分58秒2で走破しており、そこそこ走れる馬であることは証明済み。相手関係が厳しくなるこのレースでどこまでついて行けるか、というところですが、父方にも母方にもダービー馬を持つ、ダービーの申し子のような血統のこの馬が、ダービーだけ走ってしまう、ということを期待しまして(笑)

第3位
①ダノンプレミアム
もはや多くを語る必要のない馬。JRAサイトで過去のレースを再生してみてみてください。めちゃくちゃ強い勝ち方をしています。その全てが世代屈指の馬達相手というところもまたすごいところ。頭一つどころか二つ抜けているというのが、多くの人がこの馬に感じているところではないでしょうか。圧倒的な1番人気もそりゃそうだろう、という感じ。しかして1番人気に用はない、という信念で競馬をやっている以上、この馬を頭で買うことが僕には許されていませんでした(笑) マイナス要素は今のところ見つけることができませんが、あえてこじつけるならば、レース間隔が空いてしまったことで闘争心が少しダレてしまって怠けた走りをしてしまう可能性、でしょうか。2着か3着くらいに甘んじる程度に力を抜いて走ってほしいと思います。 

第2位
⑮ステルヴィオ
なぜかこの馬に惹きつけられるものがあります。名前のリズムが好き、というのもあると思いますが(笑)
馬体重の増減をみる限り、皐月賞のコンディションがベストで、ここでは維持か、あるいは少し落ちるのではないかと考えています。そんな馬をなぜ2位に? と疑問があるとすれば、答えは『好きな馬だから』というのと、皐月賞は直線豪脚一気の脚質であの渋った馬場は合わなかっただけという敗因で見ているからです。東京は直線が長く、上り坂もあるためパワーを兼ね備えたスピードが必須となります。ステルヴィオは血統的にもパワーのある馬だと思っているので、少々コンディションが悪くても好走してくるのではないかと思います。この馬が現時点で7番人気とか、あり得ないっ(笑)

第1位
⑤キタノコマンドール
世界の北野(ビートたけし)が命名した、だとか、DMMバヌーシーの馬だとか、色々と背景を持っている馬。そういうミーハーな感じがあんまり好きではないから、どうしても買いたくないという目で見てしまいがちでした。皐月賞時はそれもあってかそんなに強くないのではないか、と考えていました。しかしステルヴィオに迫る勢いで伸びてきていたので結構強いじゃないか、と考えを改め。その皐月賞はプラス12キロ体重での出走でした。おそらく今回は少々馬体を絞られて出てくるのではないかと考えると、皐月賞時よりも良いコンディションであると予想します。その上母父がキングカメハメハという血統背景も東京2400メートルにはプラスに働くだろうと考えられます。おそらく道中先を行くダノンプレミアムに追いつき追い越すのは至難の業だとは思いますが、豪脚一気で鼻差勝ちなんて結末を期待したいと思います。

 

 

2018年5月27日(日)
目黒記念(GⅡ)
東京競馬場・芝2500メートル
1着賞金5700万円

微妙な長距離、そしてハンデ。
毎度予想が難解なレースですね(笑)
長距離で強さを発揮している⑭フェイムゲームは8歳で59キロを背負うということで馬券から外すことに。
天皇賞5着が出馬表で最も魅力的に見える⑩チェスナットコート。ただしその天皇賞での疲れが残っているのではないか、というのが多くの人の杞憂するところでしょうか。そのような要素がなければあっさりと1番人気になってても良いような実績です。馬券の相手まで。
②セーヴィントは良いですね。長期休養明けで日経賞10キロ増で6着。今回は1戦叩いた上澄みと、ある程度馬体を絞ってコンディションを上げてくると考えると、買いかなぁという感じ。人気も4、5番人気に甘んじそうなので買いです。
⑯ポポカテペトルはかつて、あのアドミラブルの青葉賞にて4着になった馬。僕はその時もポポカテペトルから流した3連馬券を買っていて、ライヴ映像を見ていると3着に残ったというふうに見えていたのでテンションが上がったのですが、結果鼻差捉えられていて4着。ハズレました(笑) あの時の無駄に上げたテンションを、今回返してほしいと思います。現8番人気ですが、3連単の頭でいきます(笑)

 

2018年5月26日(土)
葵ステークス(新設重賞)
3歳限定・京都競馬場・芝1200メートル
1着賞金3800万円

重賞レースと言えば、『G』の冠を掲げているもの、という先入観がある僕。いくら新設重賞だと言われても『G』の冠が無いとなんだかなぁという感じであります。
でも重賞ですし、買いますけれども(笑)
この時期、3歳重賞戦線は、どの馬も距離的な行き先がだいたい決まってきています。
短距離路線はたいてい1600メートル(NHKマイルカップ方向)に路線を合わせて、その前哨戦を戦ってきたという感じでしょうか。
葵ステークスがなかったこれまでは、その敗者たちは重賞戦線から離れ、身の丈に合ったクラスでのレースに臨むものなのですが、今回は葵ステークスがあります。行き場を失った敗者たちが、今一度実力を発揮する場を与えられた、というのが僕がこのレースに抱いた最初の印象。つまり、そんなに強い馬は出てこないんだろうな、というイメージでいます。
ただ、そうはいっても、3歳路線に1200メートルという短距離重賞レースは存在していなかっただけに、ここで並々ならぬ距離適性を発揮する才能が登場しないとも限らないとは思います。
②アサクサゲンキは実績的に他馬から頭ひとつ抜けている印象。ここでも鞍上が武豊というのもまた魅力的ですね。しかして1番人気に用はない、という信念のもと、馬券の相手まで(笑)
⑨マドモアゼル。分からない。なんだか分かりませんが、出馬表を見たら、目に留まりました。たまにそういう直感的に目が止まる馬がいます。じっくり内容を見てみると、3連単の頭にするほどでも、というのが正直なところ。1着になったら自分の直感を信じなかったことを後悔するでしょう。
⑩アンヴァルは重賞戦線で戦ってきた1頭。出馬表全体を眺めて、フィリーズレビューの4着がかなり輝いて見えます。レースレベルの落ちるこのレースでは有力馬になって当然ですね。馬券の相手からは外せませんでした。
⑮ミッキーワイルドは現7番人気。3連単の1着候補としてはなかなか飛び込んできてくれる確率の低い人気ですが、ここでは面白そうだし3連単の頭で買ってみようと思います。理由は前走を馬体重12キロ増で出走し勝っていること。短距離をなかなか乗りこなせる北村友一騎手。今、注目を集めつつある旬のロードカナロア産駒であること。その上で7番人気は馬券的妙味があるというところで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。