今週の馬券と2018年上半期の反省♪

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

安田記念は【敗北×連闘×輸送】という競馬ファンならば手を出してはいけないセオリーのような前提条件のモズアスコットが勝利。GⅠ級の馬であることはレース前から皆が知るところではありましたが、さすがに出走条件が悪すぎたがゆえ、勝利の瞬間は納得と戸惑いが混じり合った不思議な感じでありました。モズアスコットが最初から『弱い』なんて思われている馬ならば納得できないの一点張りで「ありえない」「ふざけるな」などと毒づけば良いだけのことを、「あ、うん……へぇ、君かぁ……君が勝ったか……いや、分かるんだよ。わかるんだけどなぁ、う~ん……」と。
そしてサングレーザー。高速馬場でタイムが出やすいコンディションということを考えれば、道中若干、前めにつけさせた福永騎手の騎乗は悪くなかったと思います。ただ、お茶目な受験生でしたね(※前回の記事『安田記念の馬券を買ってみる♪』参照)。
さて、東京コース、最後の直線残り200メートルの映像。大外の馬群から離れたところをものすごい勢いで上がってきたのがサトノアレスでした。実は東京コースのあのカメラワークにて、あのように馬群から離れた大外をぐいぐい上がってくるというシーンは非常に多いのです。そして、たいてい圧勝するという結果になっています。そんな経験から残り200メートルで僕はサトノアレスが圧勝だと思ってしまいました。が、内側の馬群が止まりませんでしたね。内の馬場が荒れておらず、ゆえに大外を回した距離のロスがそのままレース全体のロスとなってしまうような馬場コンディションだったということなのでしょう。

今週の馬券はもう1つの重賞・鳴尾記念が的中したのでプラスで終わりました。ただ投資比率が安田記念の3分の1だったため、さほど収支の上乗せはできませんでした。

さて、安田記念が終わり、今年の上半期の競馬も終わりました。
と言うと『まだ、終わってないだろ!』と物申す方が多いことだろうと思います。
もちろん、前半の締めくくりが宝塚記念(GⅠ)、後半の締めくくりが有馬記念(GⅠ)であり、いわゆるグランプリレースをもってそれぞれ締めくくるというのが一般的な考え方として定着していることは知っております。
あくまでも僕の今年の上半期の競馬はここまでかな、という感じであります。
馬券の収支は上半期は、たいてい毎年若干マイナスなのですが、今年は11万円分馬券を買って、13万円戻ってきていますから、2万円のプラス。
全体の95%の人がマイナス収支と言われる馬券において、プラスであるだけで上々の出来だとは思います。
しかし、今年の上半期の競馬は、例年に比べて『疲れたな!』という印象です。
楽しくなかったわけではありませんが、疲れました。
なぜ疲れたのかは、自分では分かっています。後半の競馬は疲れないように競馬を楽しもうと思います。
例年、夏競馬は手を出したり出さなかったりと、あまり馬券を買うことに積極的ではありません。今年もおそらくそうなると思います。
よって、このブログは、競馬記事がしばらくはお休みとなり、エッセイや日記が中心となります。悪しからず。
では、今度は秋のG Ⅰシリーズが始まる頃にまたお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。