秋華賞(GⅠ)と東京ハイジャンプ(J・GⅡ)の馬券を買ってみる♪

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る




2018年10月14日(日)
秋華賞(GⅠ)
京都競馬場・3歳牝馬限定・芝2000メートル
1着賞金・1億円(*´▽`*)b

3歳牝馬クラシック路線と言えば、桜花賞、オークス、秋華賞の3冠。
そんな3冠を達成した馬は、これまでたったの4頭
メジロラモーヌ、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナ。
このうちメジロラモーヌはかなり古い話になりますね。僕も知らないので調べたのですが、当時、秋華賞はなく、3冠目はエリザベス女王杯がその1つを担っていたそうです。
あとの3頭が今回と同じ秋華賞込みの3冠。
まず、スティルインラブは前評判で言えば、3冠を獲るとは誰も思ってもいなかったという印象があります。というのも前哨戦ではあっさり負けたりするということもありますが、なによりも絶対的良血馬アドマイヤグルーブという大きな存在がいたからです。
そんな強い馬がいたのにも拘らず、本番では必ず先頭でゴールを切るちゃっかり者♪ 鞍上はまだまだ若かった幸騎手で、彼の甘いマスクも彼女のおかげで一気に全国区になったと言っても過言ではないでしょう。
次にアパパネですが、馬主は、競馬ファンならば知らぬ者は少ないであろう金子氏。ディープインパクトやキングカメハメハなど競馬史に残るスーパー名馬の主様です♪
そんな競馬界イチの選馬眼に引っかかったアパパネは、牝馬3冠とは言わず、なんと2歳からスタートする牝馬GⅠレース総ナメにあと一歩という成績を残している名牝です。
まず2歳では阪神ジュベナイルフィリーズを優勝。3歳では3冠を達成しました。残りの牝馬限定GⅠと言えばエリザベス女王杯とヴィクトリアマイルのみ。残念ながら、エリザベス女王杯のみ3着に敗れてしまったんですね。そんなすごい成績を残したアパパネもまたスティルインラヴと共通点がありまして。。。前哨戦であっさり負けるなんてこともあり、3冠とて獲るとは多くの人が思ってなかったと思います。競馬はほんと何があるか分からない!!
そしてジェンティルドンナについては、3冠だけでもものすごいことですが、それすらもかすむくらい、その後のレースぶりが圧巻でした。
なんと言っても日本最強牡馬&世界の代表達を相手にするジャパンカップを連覇。その時破った相手はあのオルフェーブルですから、この勝利の価値はそれはもうベラのボーです。さらにドバイシーマクラシックという世界最高峰のレースを勝利し、さらにさらに年の瀬のグランプリレース・有馬記念ではまたまた日本屈指の牡馬達を一蹴。有終の美を飾って魅せてくれました。

というように、3冠牝馬を語ればキリがないのでこの辺で。

今年はそんな3冠に王手をかけたアーモンドアイが出走します。
強い強いレースっぷりで人気に応えての2冠。秋華賞での人気は歴代ナンバーワンの前評判と言っても過言ではないでしょう。
とはいえ『何があっても結果論♪』という、前評判をあっさりひっくり覆す無責任さもまた競馬の面白いところ。
さて、今年の秋華賞はどんなドラマで幕を閉じるのでしょうか、大変に楽しみであります。
しか~し、どれほどに前置きをしようとも、私は乃楽的確率馬券法にて馬券を購入するため、馬の前評判などは関係なく、ただただ確率が高まっている人気の馬を買うのみであります(笑)

 

では、13日土曜日の結果が出ましたので、明日14日用の確率表を載せることにします。

と、その前に、13日土曜日に少し空き時間ができたので東京の10、11、12レースを確率で出ている人気の配当が良さそうな4人気1着固定の2着3~4頭流しをしたところ、12レース目が的中して、秋華賞に向けての予定外の資金ができましたぁ♪
ただ、これはレース前に公開していないし重賞でもなかったので、後半戦の総合成績には入れないことにします。

閑話休題。
話戻して、そんな13日の京都と東京の結果を加算した14日用の確率表が次のようになりました。

【京都競馬場】

京都競馬場で、人気の確率が上がっているのが、

1着では、1番人気、2番人気。
2着では、3番人気、9番人気、6番人気、5番人気といった感じでしょうか。
3着では、4番人気、6番人気、5番人気、9番人気となっています。

これを使って秋華賞の馬単を買おうと思いましたが、なんと言ってもアーモンドアイが圧倒的な人気を集めています。
確率馬券ですから、1人気のアーモンドアイから買うことになります。
しかしながら、正直言って馬単ではそんなに配当がつきません。
そこで秋華賞に限り、確率表の3着の部分も使って3連単を買うことにしました。

※現時点(13日19時台)での人気をもとにしているので、最終人気が入れ替わったりした場合は、まぁそれはそれ、結果論とういうことで(笑)

 

【東京競馬場】

東京競馬場で、人気の確率が上がっているのが、

1着では、5人気、4人気
2着では、5人気、3人気、6人気、7人気となっています。
こちらは馬券的妙味がありそうな人気が上昇中ですね。
これを使って東京ハイジャンプ(J・GⅡ)を買ってみることにしました。

※こちらも現時点(13日19時台)での人気をもとにしているので、最終人気が入れ替わったりした場合は、まぁそれはそれ、結果論とういうことで(笑)

 

【おまけ1】
秋華賞を普通に予想した場合のベスト5

5位 ②カンタービレ
前走ローズSでは先行して、最後まで良い脚を使いました。豪脚アーモンドアイ相手よりは前にいなければ勝てないだろう、ということで、その点は評価できます。あとは武豊騎手の内枠・先行というのは大きな魅力です。

4位 ⑦ラッキーライラック
世代屈指の強豪ですね。強い馬です。ただし、前哨戦でひと叩きしてからの秋華賞という予定が、直行になってしまったということで割引き。
とはいえ絶対に大崩れしないという安定した強さは、京都2000メートルでは抜群の相性を発揮してもおかしくないとは思います。
が、2番人気なので、ラッキーライラックを2位にしてしまうのもなんだかなぁ、ということで4位になっておいてもらいました。

3位 ④ランドネ
種牡馬名が横文字、というだけで魅力を感じてしまうという先入観(笑) 前走紫苑ステークスでは軸にしました。7人気ながら3着にくるという大健闘。なかなかの走りっぷりでした。前残りの競馬ならば、先行馬の中では可能性のある1頭なのではないでしょうか。

2位 ⑫オスカールビー
狙いすぎ現15番人気(笑) 馬券を買わないから好き放題言える、ということもありますね。
まずは直線に入るまでにアーモンドアイより前にいなくては勝ち目はない、ということで逃げ馬オスカールビー。前走中山でのタイムがなかなかで、夏の成長が見込めるオスカールビー。人気薄にしては馬券的妙味がありそうオスカールビー。川須騎手もそろそろGⅠを獲る頃合い? 

1位 ⑪アーモンドアイ
あらがえない、素晴らしい競争成績。
桜花賞のような最後方待機のレースばかりをしてきていたのならば、展開次第では今回は分からないぞ、なんて思えたかもしれません。
が、オークスでは先行集団からでも豪脚を発揮するということを見せつけてくれました。おかげで、他馬の早仕掛けからのあわよくばの逃げ切り、という選択肢まで完封されてしまいそうです。少なくとも脳内シュミレーションではどの馬も捕まってしまうという。。。

 

【おまけ2】
東京ハイジャンプ(J・GⅡ)
東京競馬場・3歳以上・障害3110メートル
1着賞金・4100万円(*ノωノ)

ジャンプレースのことはあんまり良く分かっていませんが、手を出したついでに予想してみました。

5位 ⑩ タイセイドリーム
今年4月の中山グランドジャンプ・4着の成績が輝かしいですね。前走も快勝してますから体調が良さそうです。

4位 ②サーストンコラルド
前走は人気薄ながら重賞勝利。父はキングカメハメハですし、能力はやはりあるのでしょう。7歳というのもジャンプレースでは走り時?

3位 ④ルペールノエル
大レースでずっと良いレースを続けているジャンプレースのトップクラスの1頭(たぶん)。勝ち切れていないのは、相手が相手だった、という理由だけ。その相手関係の弱い今回は、久しぶりの勝利がもっとも近い?

2位 ⑪ヨカグラ
前走小倉サマージャンプ(GⅢ)では軸にしていました。そしてあのアップトゥデイト1強と言われているなか、6人気で1着に。その節は、大変お世話になりました。今回は2番人気になりそうですね。その点が残念です。でも、また、応援します♪

1位 ⑧アズマタックン
若い!! 

(2018年10月13日執筆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。