単純明快!! 人気(オッズ)の仕組み♪

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 宝くじには有名すぎるエピソードが付帯している。

「もしも2億円当たったらどうする?」
 というやつである。

 用意周到疑よういしゅうとううたぐり深い僕はついつい『当たったら』というところが気になってしまう。
 この当たるというのは、2億円の入ったアタッシュケースを投げつけられ、それに『当たった』ことを意味している可能性も考えられる。その場合、相当に痛いんだろうなぁと思う
 いくら大切に抱え込んで過保護にお世話をしようとも、軽々しさしか感じさせないのが1万円札である。ほんと薄っぺらいヤツなんだからッ!! 
 しかしてそれだって束になると相当な重さになるのだ。2億円ともなると、その重量たるやもはや想像もつかない。実は、1万円札は1万枚を超えたあたりから化学変化を起こし、結果2トンくらいになるんだ、と言われても「賢いっ。金塊きんかいに替えておくなんて!」としか思わないだろう。
 とにかくそんなものを投げつけられて当たれば死ぬ
 あるいは、お腹的なかてきな意味での『当たる』ことを言っているのかもしれない。
 お金は多くの人の手垢てあかがついており、ばいきんまみれなのである。1枚くらい食べる分には問題ないとは思うのだけれど、2万枚もお腹に納めれば、死ぬ
 これらのことをも想定して「もしも2億円当たったらどうする?」という質問には答えねばならない。
 僕の場合、どのタイプの意味合いにも共通する都合の良い回答をすることにしている。

「うれ死ぬ!」

 さて、さっそく話が全く別方向に逸れてしまったかのように見せかけて、実はやっぱり逸れていました。
 ハイ。
 競馬の場合は宝くじと違い、結果的にいくらの配当を受けるのかは一律いちりつではない。常に変動するものなので、300円の馬券を買い、それが当たったからと言って必ずしも「うれ死ねる!」とは限らないのだ。せいぜい「うれし寝る!」程度の当たり方が多いものである。

 ではこれより、実際にオッズや人気の仕組みについて説明していこうと思います。
 やっと本題突入(笑)

 馬券を買うことを考えればオッズ(人気)を抜きにして語れずと言えるファクタ。重要度は最も高いです
 呼び方は『人気』『オッズ』『配当』など。
 単純に【3.5倍】という表記の仕方をされることもあれば【350円】という表記のされかたもします。
 JRAのレース結果欄には350円という表記の仕方がなされています。これは100円をかけていれば、350円になるということ
 3450円とあれば100円が3450円になるということです。つまり34.5倍ですね。
 たまに3連単という馬券などで2560940円なんていうことがありますが、100円が256万円になるということであり、決して誤表記ではないのです。夢っ!

 次にオッズ(人気)がどのように形作られているのか、その根本的な仕組みについて説明しようと思います。
 物事の本質は単純化して考えれば見えてくるものであります。

 たとえば、次のレースの馬券を買おうとしている10人の人間がいるとします。
 各自1000円を使うとします。
 そのレースではA、B、Cという名前の3頭の馬が走ります。

 投票の結果、5人の人がAが1着になると予想。
 続いて4人の人がBが1着になると予想。
 残り1人がCが勝つと予想しました。
 集まった総額は1000円×10人なので、10000円

 さて、
 Aが勝った場合、この総額を5人で分けるので10000円÷5人で、1人あたり2000円が戻ってくるわけです。つまり1000円が2000円になるので、オッズは2.0倍ですね。
 Bが勝った場合、総額を4人で分けるので1人あたり2500円が戻ってきます。つまり1000円が2500円になるので、オッズは2.5倍となります。
 Cが勝った場合、総額を独り占めするので、1000円が10000円になります。オッズは10倍。

 2.0倍と配当が1番小さいということは、それだけ多くの人に指示されたということを意味しています。よってAが【1番人気】という言い方をされるわけです。続いて2.5倍のBが2番人気で、Cが3番人気という具合。

 まずはこの単純化した仕組みを知っておけば十分だと思います。

 実際の競馬では、掛け金の大きさは各自自由となります。このことを踏まえて一つ押さえておきたいことは、人気は何人の人が指示したかではなく、何円その馬に集まったのかで決まってくるということ。つまり100人の人がAに100円ずつ賭けたとしても、1人がBに50万円賭ければ、Bが1番人気になるということ。
 とはいえ、ほとんどの場合、多くの金額が集まるということは多くの人が買っていると単純に考えておいて問題ないです。

 それと、実際には運営費や経費、税金などを引かれたものが総額となります。上記の例で言えば集まった10000円からあらかじめ2500円ほどJRAが取り、残りの7500円をみんなで分ける、という具合になります。

 このオッズ決定のシステムから分かることは、人気は必ずしも馬の強さを表した数字ではないということ。基本的には【強いと思われている順】になるようにはなってはいますが、まれにそうではないということもあり得るわけです。
 その好例が、かつてハルウララというメスの馬がいました。彼女はデビュー後1回も勝つことなく、100連敗を喫してなお出走を続けていたのです。そのエピソードが話題となり、グッズが発売されるなど大いに人気を集めることとなりました。
 当然彼女の初勝利に立ち会いたい、応援したいという人は多く、馬券も売れに売れたわけです。結果、圧倒的な1番人気。弱さが人気になってしまったという非常にレアなケースでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。