ダイエットの醍醐味は、ダイエット宣言にアリ!!

口先だけのダイエット宣言に、なんの意味があるの?
疑問というよりも批判の文言であります。
こんにちは、そしてこんばんは乃楽です。

結論を言いましょう。
ダイエットの醍醐味は、ダイエット宣言にアリ!!

ダイエット本は常に売れ続けているし、ことあるごとにダイエット法が流行になったり。
それほどまでにダイエットという現象は途切れ知らずである。
というのに、みながダイエットに成功して痩せる必要のある人がゼロになることはない。
売る側も、買う側も、「ビバ、ダイエット、ふぅ~♪」と言いたいだけ、としか思えない現実がそこにある。
負けられない闘いはそこにはないのである。

そんなわけで、ダイエットというのは宣言にこそ意味があると考えた方が、都合よく食欲を満たしつつ、意識はあるんだよ意識は、という摂取カロリー意識高い系を貫くことが可能なのだ。
その結果、許容範囲を超越するフクヨカボディーになったとしても、些末なことなのです。

『羊と鋼の森』の映画DVDを鑑賞しました。
題材やあらすじ、キャストなどすべてを知らない状態で見ました。
良いですね、何も知らない状態から見るというのは。
小説が原作の映画なので、原作も読んでみたくなりました。
きっと、綺麗な文体の小説なんだろうなぁ、なんて。
さすがは小説が原作の作品だ、なんて思えるような珠玉のセリフを楽しみました、とさ。
(2019.9.25-typewrite)