乃楽の楽器♪~倉庫にて眠る~

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る



学生のころ、楽器にハマっていた時期もありました♪
ギターにマジックで落書きするなんて、若気の至りとしか言いようがありません(笑)

このフライングブイとは色んな点で相性が良くて、一番使っていた愛器ですね。軽いし、ネックの太さもちょうど良かったです。音に角がなくって滑らかな柔らかい音が出ます。フレットの高さもばっちりでずっと弾き続けていても指があんまり疲れませんでした。

ストラップはHIDEさんモデルですね♪ 可愛くて洒落ているので迷うことなく購入し、本器専用にしました♪

当時、フライングブイのギターはいろいろ売っていたのですが、木目調のボディの物をあまり見かけませんでした。それを楽器屋さんで見つけたときはテンションが跳ね上がりました(笑) その上で使いやすかったのですから『メインです』という主張のカッティングステッカーを貼らずにはいられなかったのでしょう(笑)
ストラップを留める金具の位置が普通のフライングブイは右下の尖った部分の先についているのですが、それだとストラップが突っ張ったような感じがして見た目的にもあんまり好きではありませんでした。だから、僕は買いたてのフライングブイだってのに、写真右下の位置にあるところに金具をぐりぐりと打った記憶があります。

さらに、しばらくすると今度はフライングブイのスケルトンバージョンを見つけることに!!
メーカーは良く分からない安価なモノですが、とにかくスケルトンであるということで迷うことなく買いました。
しかぁし、あとから、ちゃんと迷っていれば、と後悔することに(笑)
というのも、このスケルトンフライングブイ、ものすごく重いんです。この形状ですから太ももに引っかかる凹凸がないため座って弾くことができません。ゆえに必ずストラップを肩にかけて立って弾かなければならないのですが、すぐに肩が痛くなるほど重いんです。さらに、ネックは若干太めで握り心地があんまり良くない。他には、フレットの金具が高くブリッジやネックの反りなどを調整しても弦を抑えるのに結構な握力を必要とし、これまたしんどい。あと、なによりも音がものすごく悪かった。エフェクターでなんとかカバーしようとはしたのですが、断念しました。。。購入したときのワクワク感とは裏腹に、ほとんど使うことなく倉庫行きになった悲しきギターでした。

FELNANDES・ラルクのKENモデルですね。
赤いギターがほしいなぁと思っていた時に、知人がギターをやらなくなったからということで売ってもらいました。240円のステッカーはその名残り、というわけではありませんので(笑) 

ラルクの楽曲を弾いていたわけではないのですが、アーム付きのギターを持っていなかったので、それもこれを手にできたことの良かった点でした。下記写真にも出てきますが、僕はエフェクターにワウを使ったり、あとディレイも何かと利かせていたので、アームとの相性がとても良かったです。
このギターは他のものと違い、フレットがセラミックコーティングされているため、弾き心地が違います。どちらが良いのかは好みによるところですが、滑らかで柔軟性があるような指触りが特徴的だったと記憶しています。

フライングブイをメインで使っていたわけですが、座って弾けないという不便さがあります。そこで座って弾く用のギターがこれ。エピフォンのひょうたんですね♪ 安定の弾きやすさです♪

3ピースバンドもしていたので(※とりあえず、なんでもやりたがる笑)、その時はベースを担当するため安価な物で良いから、ということで1本持っていました。

 

エフェクターです。
ネットで調べてみたら奥のKORGのマルチエフェクターが驚くほどの値段で安売りされていました(笑) 今となっては古いので仕方ないですが、品質や内蔵されているエフェクターのバリエーションは今でも十分に使えるレベルだと思います。プロでもなければ、十分音遊びができるはず。このマルチエフェクターとオーバードライブを補助にして、ワウと、あとボリームペダルの4つをくっつけた音作りが僕の定番の形でした。

ピックはたくさん残っていましたが、これはその一部。
ギターをはじめた頃はオニギリ型が使いやすかったような気がします。写真右上の『素人』は奥田民生さんモデル(笑)
弾くことに慣れてきて速弾きなんかをするようになって、オニギリ型がどうも引っ掛かりがうまくいかなくてティアドロップ型へと移行していったという記憶があります。べっ甲柄がなにかと好きだったようです(笑)

(2018年10月7日執筆)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。