阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)の馬券を買ってみる&前日中日新聞杯にあの人が登場ス(私事)♪

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る




2018年12月9日(日)
阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)
阪神競馬場・2歳牝馬限定・芝1600メートル
1着賞金・6500万円
2歳限定ですから、馬界全体と通してもっとも早く行われるGⅠ競争と言えます。
来年クラシックをにぎわすような馬がデビューしてなかったり、出走しなかったりということもあり、ラッキーパンチがあり得るレースとも言えます。
古馬などは未勝利、500万下、1000万下、1600万下、オープンクラス分けされているのに対し、2歳時は1勝すればオープンクラスとなります。それだけ実力を実績で細分化できていないわけです。
つまり実力的に本来ならばGⅠ競争とは縁のない馬も、新馬戦や未勝利あがりで出走できるわけです。
まさに玉石混交といった感じになって然りですね。
全頭がキャリア浅く、情報が少ないため非常に見極めは難しい牝馬限定レース、特に若い牝馬のレースは荒れると言われていますが、さて、今回はどうなることやらであります!!

 

くつか見どころを。

ダノンファンタジー
現在1番人気でもっとも注目を集めている1頭です。キャリア3戦で2勝2着1回。新馬戦は相手がグランアレグリアで、着差0.3秒は優秀です。2,3戦目は1番人気で勝利していますから、前評判通りの強い馬であることは現時点ですでに証明されていると言っても良いと思います。

タニノミッション
出走馬中、もっとも血統が注目される1頭です。母は日本を代表する牝馬ウォッカですね。なぜ出馬表の表記が横文字なのかと言えば、ウォッカは現役引退後は海外に移籍して繁殖生活を送っているため、その子は外国産馬という扱いになるからです。しかし、それはあくまでも取り決め上の形にすぎず、ウォッカが日本競馬の誇りであることは揺るぎないことですね。ウォッカの子供は、これまで数頭日本で走っていますが、さほど走らない印象がありますが、ここでG 1馬の母となることができるのか、注目したいと思います。

シェーングランツ
この馬はすでに重賞勝ちを収めており、実績を以ってすでに強い馬であることを証明済みであります。血統的にも注目されている1頭で母スタセリタは、ソウルスターリングを排出。ソウルスターリングはその父がフランケルということもあり当時の世代で最も注目された馬です。
シェーングランツは父がディープインパクトで、ソウルスターリング以上に日本競馬に適性があっても不思議ではない、これもこれからも注目される1頭でしょう。

ビーチサンバ
母フサイチエアデールはGⅠを勝利した名牝。母親になってからもGⅠ馬フサイチリシャールを輩出するなどその血の価値をすでに証明しています。母親としてのキャリアも長く、
ビーチサンバは14頭目。それだけに様々な父親との交配で血統の相性なんかが見えてきますが、父クロフネとの相性がもっとも良い結果を残しています。その相性の良さがビーチサンバにも現れるのか、今後も注目といったところです。

グレイシア
前走アルテミスSでは1番人気でありながら11着と大敗。そのレースで1番人気になっているのだから注目されていたことは事実であり、この大敗をどう捉えるのかが難しいところだと思いますが、ここで激走したとしても、「あぁやっぱり強かったんだ」なんて競馬ファンにため息をつかせる1頭ですね。

クロノジェネシス
ここまでが血統的背景なども含めて注目を集めている馬達ですが、クロノジェネシスはそれに比べれば地味な血統(一応半姉にノームコアがいるけれど)。それをして現在2番人気ですから、実力で力を示している1頭と言えます。キャリア2戦2勝でどちらも1800メートル。1800メートル→1600メートルへの距離短縮もかなり魅力的な要素となりますね。

んてさほど注目をされていない馬が突然激走し、頭角をあらわにするというのも牝馬限定戦アルアルですから、その他の全馬に注目するのが最適解だったり(笑)
と、最後に元も子もないことを言っておいて、僕は分かり易く単勝を1頭だけ買うことにしました。

 

山競馬場では、カペラステークス(GⅢ)がありますね。
コパノキッキングは今後、なにかと話題になるかもしれない1頭です。
何で?
オーナーはDr.コパこと小林氏なのですが、かねてより藤田菜々子騎手にGⅠ騎乗を依頼することを明言しています。コパノッキングは重賞で活躍することが期待されている素質馬。今回も有力馬であり、ともすれば女性騎手重賞勝利という歴史的快挙の可能性もあったのですが、藤田騎手に先約があったため、それは次回以降に持ち越しとなりました。
コパノキッキングは今回のカペラステークスが重賞初挑戦。もしもコパノキッキングが圧勝でもすれば、ますます今後の動向に注目が集まるのは当然のことで。
今年3歳ダート路線はルヴァンスレーブを筆頭に熱いですからね、オモシロイ!!

 

あと、前日土曜日の中京の重賞・中日新聞杯で中谷騎手がドレットノータスに騎乗しますね。有力馬の一角ですから中谷騎手にとっては大きなチャンス。ここで重賞初勝利達成に向けて色気ムンムンだと思います。もちろんライバル達も色気ムンムンでくると思うので、それ以上に色気ムンムンを出していってほしいと思います。
イケー(*’▽’)b
(2018年12月8日typewrite)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。