朝日杯フューチュリティ―ステークスの馬券を買ってみる♪

2018年12月16日




2018年12月16日(日)
朝日杯フューチュリティ―ステークス(GⅠ)
阪神競馬場・2歳限定・芝1600メートル
1着賞金7000万円(‘ω’)ノ

にかとクリスマス的な情報が自然に頭の中に放り込まれてくるこの時期。
競馬ファンは、「サンタさんに贈り物をもらえるんだきっと、いや絶対!」という都合の良い建前を築き上げ、プレゼント感覚で馬券を当ててガッポリ儲けようと気持ちが大きくなりがちです。
そしていつも以上に絶好調でハズすわけで(笑)
結果、増額投資した分だけ、JRAの懐があったまるというわけです。
つまり、プレゼントをもらう側にいると思っている大半の競馬ファンが、知らず知らずのうちにサンタさんにされている、というのが12月競馬の特徴であります。
コワイコワイ世の中であります。
ただ、対策があります。
最初から、サンタ側だと思って競馬をすれば良いではないか!!

2歳の頂点と言えばこのレース、というのは今は昔。
このあとに行われるホープフルステークス(GⅠ)が新設されたことで、来年のクラシックを見据えた馬は分散することに。
まだデビューしていない馬も多い中での頂点の分散ですから、正直なところ、ファンが感じる期待値や迫力は少し小さくなったかなという印象です。
今年の目玉は先週阪神ジュベナイルで強い勝ち方をしたダノンファンタジーを新馬戦で破っているグランアレグリアでしょう。牡馬相手に果たしてどうなのか、というところがファンの注目するポイントになってくると思います。

っと出馬表を見ましたが、実績を見る限りはグランアレグリアが抜けてるなぁという印象。
次点のアドマイヤマーズやファンタジストなどは完成度という点で少々見劣るように思えます。
とはいえ、この時期の成長力はものすごいものがあり、たった1カ月で実力があっさりひっくり返ることもありうるわけで。
どう考えても「グランアレグリアぢゃん!」なんて思って、点数を絞ってひとつ当たりの馬券を厚く買うべきかなと思いましが、あまりにもオッズが低いため、他の馬券も少しだけ買い足しておくことにしました。
イデンスコールを選んだ理由は。
1.配当が10倍くらいが良かった。
2.配当がこれくらいあると掛け金面で助かる。
3.配当がこれくらいの馬が、ぐぃんと伸びるとよりテンションが上がる。
4.2番人気のアドマイヤマーズと新馬戦で着差ナシの勝負をしていること。
5.鞍上がC.デムーロであること。
6.成長力に期待。
(2018年12月15日typewrite)