有馬記念の馬券を買ってみる♪




2018年12月23日(日)
有馬記念(GⅠ)
中山競馬場・3歳以上・芝2500メートル
1着賞金3億円(/・ω・)/

づけば有馬記念、賞金が3億円にもなってますね!!
びっくりです(笑)

して気づけば、有馬記念なんですよね!!
今年も早かった!!
今年の競馬は前半戦と後半戦で、戦績が真逆で、後半戦は散々な目に遭いました。
まぁ総合成績としては毎年似たようなもので、特にどうという感慨もなく過ぎ去っていきそうです(笑)

て今回の有馬記念は、これまでの有馬記念と一味違う大きなポイントがあります。
オジュウチョウサンですね。
障害レースの王者が、有馬記念に出るなんてことはこれまででは考えられないようなことでした。
人気投票により出走が可能になる、というグランプリレースの特徴を生かしたとはいえ、普通、その人気を集めるためには大きなレースで勝つか良いレースをする必要があるため、結局獲得賞金順に有馬記念出走の権利は与えられるというような感じでした。
オジュウチョウサンは生涯獲得賞金はかなり稼いでるものの、そのほとんどが障害レースのもの。それは平地レースの獲得賞金とはみなされない為、平地GⅠに出走するには賞金で言えば、まだまだ無理があるレベルなのですが、ファンの心をガッチリ掴んだ魅力たっぷりの馬といえます。
もうこの時点で後世に名を残した名馬と言えますが、さてその経歴をさらに深く重いものにできるかどうか、見ものであります。

ぁ、さすがに年齢的にもポテンシャル的にも平地の頂点に立つのは難しいかな、というのが僕の見解。それをして人気を集めるというのですから、馬券的にはオジュウチョウサン以外を買うのがオイシイなんて卑しいココロがむき出しです(笑)

回は有馬記念と相性の良い経歴を持ち、近走でその充実ぶりを見せている【キセキ】だろう、と思っていました。
しかしながら、出馬表をじっくりみていると、やはりどうしても、キセキの体調面が不安視してしまうもので。
前走ジャパンカップだけを見ても、あのアーモンドアイに唯一迫り、世界レコードペースを走った疲れは相当なものだと感じられます。並みの馬なら、というにはすでに並みの馬ではありませんが、それでも激走の反動はあるのではないか、と思います。
2走前の天皇賞(秋)でも1分56秒8という高速決着のレースで勝馬に迫る激走をしていますし、3走前の毎日王冠もいわずもがな。
出走馬中もっとも使い込まれている、という印象で、迷いなく買いそうになっていた単勝馬券をひとまず再考することに。

果、体調面(疲れ)という点を重要視し、ローテーションのゆったりしている天皇賞組を選ぶことにしました。


実の時を迎えているミッキーロケット。前走天皇賞・秋は休養明けながら良い走りを見せています。良い準備運動と言う意味でも今回のレースでの上積みを期待します。
活の兆しを見せていたダービー馬マカヒキ。しかし前走天皇賞・秋は良くも悪くもない、ほんとうに微妙な7着という結果。札幌記念でひと叩きした上での結果ですから、その点ではミッキーロケットよりはほんの少し原点かな、といったところ。とはいえ、ローテーションで見れば体調はプラスに出そうな気がしますし、何よりもダービー馬ですから高いポテンシャルを持っている馬であることで、まだまだ期待したいと思います。
してもう1頭はモズカッチャンを選びました。札幌記念からエリザベス女王杯を経由しての本レース挑戦。マカヒキと似たようなローテーションと言えますから、体調面でもプラスだと判断。エリザベスを勝ったのは香港でその強さを証明してみせたリスグラシューで、それに迫っているので、モズカッチャンもまた牡馬に見劣りしない走りをする牝馬と考え、ここでの激走を期待したいと思います。
(2018年12月22日typewrite)