今回の競馬の反省&最近知ってびっくりした私事的な事実♪

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る




絶対的王者降臨!!
ダート界にはたびたび他の馬の追随を許さない圧倒的な強さと魅力を兼ね備えた王者が降臨するもの。
たとえばクロフネは、僕の記憶に今も燦然と輝いています。
他にもアドマイヤドン、カネヒキリ、ヴァーミリアン、ゴールドアリュールなどなど。
今回チャンピオンズカップの勝利で、ルヴァンスレーブはすでにこれら歴代ダート王たちに肩を並べても見劣りしない、そんなふうに思えます。

そして特筆すべきは、ルヴァンスレーブが3歳であるということ
ダートは芝に比べて比較的『遅咲き』することが多く、クロフネやアドマイヤドン、ヴァ―ミリナンなども当初は芝をメインで走っていたりします。
しかしながらルヴァンスレーブは2歳時からダートで実績を積み重ね、3歳にして頂点を極めてしまいました。これが早熟ではなく、歴代馬のように5歳、6歳でも走れる状態を維持できるのならば、とんでもない実績を残す可能性も考えられます。否、新しい記録を期待したいところ。
今年は、芝ではアーモンドアイが圧倒的な力を示し、来年の凱旋門賞が期待されています。そしてダートではルヴァンスレーブが圧倒的な力を示し、ドバイワールドカップやブリーダーズカップなどダート強者としての世界最高峰をどうしても期待してしまいます。
どうなってるんだ今年の3歳馬!!
って、去年の3歳馬、つまり現4歳世代だって最強だ、なんて言われていたのに、今年もかっ(笑)
これは日本競馬がメキメキ実力をつけてきている、そんなふうに解釈することができるのかもしれません。
馬券以外にも、希望を胸に楽しめる競馬、そんなのが来年もごろごろ転がっているのかもしれませんね。
馬券はハズレ続きですが、それでもヤメラレナイ魅力がたっぷりなのであります。

そして今回のチャンピオンズカップの2着ですよ(笑)
ダートという馬場適性を良く知っている人ならば分かるとおり、普通、道中最後方、ウェスタ―ルンドの位置にいれば、掲示板の一番下、5着に届かせるのも至難の業です。
道中先行していた馬が総倒れしているような前半ぶっ飛ばしレースならば分かりますが、結果は道中2、3番手の馬が勝ち、1番手を激走した牝馬が4着に残っていることからも道中後方待機には厳しいレースのはず。
映像を見ましたでしょうか?
他の馬のせめぎ合いにも注目しなければならないため、じっくりとウェスタ―ルンドだけ見ることはできない、というごく普通の試聴スタイルでいると、直線半ばくらいの内ラチ沿いに突然ウェスタ―ルンドがワープしてきたような錯覚に陥ります(笑)
というのも4コーナーでウェスタ―ルンドがしっかりと映像に映るため、その位置関係がはっきりと目に入ります。で、映像が切り替わり、直線の入り口では前を行く馬たちに焦点が行きます。そしてそして残り300メートル、200メートルときて、普通ならば映像にも映らないような位置取りをしていたはずの勝負服が、ラチ沿いにっ!!
「え?」
ってなります(笑)
正直、4コーナーでシンガリにいたのは違う馬だったのだ、僕の見間違いだったのだ、と自身の認識こそを疑いました。で、改めて再生してみると、やっぱりウェスタールンドで間違いなかったというね。。。
すごいですね。
なにがって?
それは、ルヴァンスレーブがすごすぎて、こんなウェスタ―ルンドのあり得ない激走も陰に隠れてしまうことですね(笑)

あと、ミルコ騎手がようやくGⅠを獲れたことも、僕にとってはうれしい結果でありました。今年の秋、あまりにもルメール騎手ばっかりがGⅠを獲るものだから、ゴール板を駆け抜けた直後に映る、ルヴァンスレーブに騎乗する騎手の横顔が外国人のものだから、まさかルメールじゃあるまいな、と分かっていてもじっくりと見てしまったほど。
ハイ、もちろんミルコ・デムーロでした♪
この勝利は騎手にとっても、馬にとっても大きなポイントとなるような気がします。
と、の文章はGⅠを獲ったときなら、いつでも誰にでも適用できるズルい一文だったり(笑) そりゃあGⅠを獲ればどんな馬でもどんなシチューションでも小さくはないポイントとなりますもんね(笑)
というわけで、馬券はまたハズレということで今回の総括はこのくらいにして。

さて、実は、私事なのですが競馬関連のお話で、少し以前に衝撃の事実が発覚しました
今回、大怪我からの復帰を果たした中谷雄太騎手にはお姉さんがいるのですが、そのお姉さんと僕の知人がお友達だったのです。復帰に向けて動き出した頃に話題が上がり、その事実を教えてもらったのですが、びっくりしました。
僕が直接知り得ている人というわけではありませんが、少なからず他の騎手よりも親近感が高まりました。
そんなわけで中谷雄太騎手に焦点をあてた、記事を今後アップすると思います。
ちなみに今回、中京と阪神で合計7鞍騎乗なされたのですが、その中谷雄太騎手の単勝馬券を全て購入しておりました。チャンピオンズカップよりもドキドキで見守っておりました(笑)
結果については、その記事にも掲載したいと思います。お楽しみに!!
(2018年12月3日typewrite)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。