こんなことがありまして

先週はこんなことがありましてvol.12

2019年3月6日




之楽章氏から、うれしいご報告を受けました。
氏が記した物語に、画伯・増田佳子氏(※油彩絵の具で抽象画を描きながら生活している偉人)に絵付けをしてもらうということで、先日その初稿を手渡したところ、さっそく絵が届いたそうな。
まだ途中経過で、意見などあれば言ってほしいとのこと。しかしながら、もうすでに素晴らしくて感激やら嬉しいやらでそれで完成と言われても何も問題はない状態。しかしてそこはプロの画家なのです、妥協はできないといくつかの変更後の絵も送ってもらい、どちらのほうが良いのか? という感じで、乃之楽章氏のイメージの方向性とのすり合わせ作業を行ったそうです。
完成は、『転・楽・遊・戯』という短編シリーズの『転』の表紙絵になる予定だそうです。
映画監督・奥田徹も、その絵に関わっているのだとか。
僕も楽しみです。

んな奥田徹氏のブログ『奥田庵』に、当ブログで紹介した『諦念から揚げ』のレシピを見て「から揚げを作った」という記事を発見。
よくもまぁあのレシピから作れたなぁというのが正直なところ。感服(‘◇’)ゞ 『その記事はこちら

人から突然、勉強を教えてほしいとの連絡を受けました。
その知人が僕の学力について知っているとは思えません。知っていれば頼む相手が違うということに気づくはずだからです。
何事も安請け合いをしてしまう優しみ紳士こと僕です。2つ返事でバッチコーイ!!
で、いったい何の勉強を教えるのだろうというのはOKサインのあとに(笑)
なにやらとある資格を取りたいから『英語』『数学』を教えてほしいとのこと。ひとまずその過去問を送るから見てみて、ということで『数学』の過去問を閲覧。
ゾッとしましたね。
連動不可視十一次方程式アイツトワタシノコイノカクリツだとか極百二十八角関数アイツガワタシニシットシトルだとか細素数素麺ソレデモアナタノコトガスキダカラだとか、見たことも聞いたこともないような摩訶不思議なものではかったのですが、そうでなくとも全くわからない。正直1問も解けませんでした。
そこで、そのことを伝えると、「じゃああなたが勉強して、わかったらそれを教えて!」ということで引き下がってくれませんでした。
無念です。

初めのやることのひとつに、部屋の掃除があります。何かのついでにやるような普段の掃除ではなく、「さぁ、やるかっ!」と幾ばくかの気合を入れてやる掃除です。
僕は全くテレビを見ないのですが、部屋にはずっとテレビが設置されていました。以前より邪魔だなぁとは思っていたのですが、なんやかんやでそのままにしていました。
テレビをつけることは去年で言えば、競馬で日曜日の15時~16時のみコンセントをさして電源を入れるということをしていたのですが、競馬をしていない今年はなんとまだ一度もテレビのコンセントすらさしたことがないという。
毎年毎月、ホコリ掃除をするためだけにあるテレビ。思いきって仕舞うことにしました。
なぜもっと早く仕舞わなかったのだろう、と。
すごくスッキリしました。
跡地にはもうひとつパソコン台を作り、別の場所に設置していたプリンターを移設。
そのプリンターの跡地にまた別のものを移設。その別のものの跡地にそのまた別のものを移設という感じでズラしていって、結果、カフェスペースがいい感じに仕上がりました♪

3月の新着記事一覧の投稿が遅れております。
毎月、カレンダーに何日に何の記事を投稿するのか、というのを振り分けて、そして一気に書き上げて予約投稿するという方法を取っているのですが、記事が完成に至らず、大幅に予定を変更しなければならなくなったというのがその理由です。
決まっているのは日曜日に『先週はこんなことがありまして』の記事を投稿すること。
そして土曜日にその他のカテゴリの記事を投稿する、という感じ。つまり今月は毎週土日に新着投稿ということになるかと思います。悪しからず。
(2019.3.4-typewrite)