のらのぷくぷく日常vol.21~恐怖体験・身に覚えのないメールアドレス事件簿~



日、油絵作家・増田佳子氏が来関西なされました。
その際、お会いして芸術や創作活動について情報交換なんぞをしたりと有意義な時を過ごすことに成功!!
そこで氏、海外向けの絵本を書きたいとのこと。
海外と縁のある氏、実は簡単な翻訳ならばできるので、絵と翻訳を担当し、物語を誰かに書いてほしいということでした。
それならば良い感じにくすぶっているストーリーテラーがいるということで紹介しておきました、乃之楽章氏を(笑)
そして乃之楽章氏にそのことをその場で伝えると、イイ物語のイマジネーションはある、とのこと。
というわけで、まだ発案の段階ではあるけれど、もしかしたら増田氏と乃之楽章がコラボした絵本が生まれるかもしれません(*ノωノ)
良いお話をありがとう、氏♪

れまた先日、『奈良キッズコレクション』の打ち上げが某居酒屋にて開催されました。
主催であるRIKA社長の音頭により開幕されし、イベント成功を労うささやかながらも華やかでいて小粋な和の宴。
えんやこらわいわい一杯機嫌の宴席です。
で、お話はここから。
そこでなんと、コレクション開催当日、僕が仕事をサボっていたのではないか、というの疑惑が浮上し議論が飛び交うという事態が発生したのです。
サボってたヤツがこの宴に出席する資格はねぇー!! そうだそうだっ!! そのお肉は私のだ吐き出せっ!!
いやいや待て待て。吐き出してたまるかぃっ!!
僕は必至で弁明します。
「たしかーに、控室のやわらかソファーでだらりんと座っている姿だけを見れば、サボっているように見えたのかもしれない。座っている姿だけを見ればな!」と。
僕が何を言いたかったのかと言えば、その時の溢れんばかりの真剣な表情を見た者があるかっ、ということ。サボっている人が、そんな真剣な表情をできるはずがないという論理的帰結。
しかしながら、それを言わずして参加者の複数名が、
「いつもどおりへらへらしてただけやーん!!」
ドンドンッ裁決!!
『乙、乃楽は来年開催される奈良キッズコレクションのパンプレット作成の任に処す』
裁判社長・RIKA氏の下した判決はあまりにも自己都合が過ぎるものでした。
というわけで、現場でサボタージュな傾向を危険視された僕は、こうして文筆力を活かすべく、パンフレット作成の仕事をひとつ獲得することができましたとさ。バンザイ♪ わーい、忙しくなりそうです(*’ω’*)v
ステーキめちゃ美味しかった(*‘∀‘)w

分のメールアドレスから、メールが届きました。
自分のメールアドレス➡自分、というのは、僕のメールアドレスをアカウント登録した端末からでしか送れないはずです。
僕にそんなことをした記憶がない。
つまりどこぞ誰かの迷惑メール。
送り主が僕のメールアドレスになっているのは偽装ということ。
どうやったらそんなことができるのか、というのは、なにか色んな方法があるらしい。怖いですねぇ。
で、
文面は英文で、ハッキングしたとか、アカウントを自由にできるのだぞどうだ、的な『ドヤっ!』がたくさん書いてあるような気がします。
気がする、というのは、僕は英文が読めないので、断片的に理解できる単語から勝手にそう解釈しているだけのこと。確かではないけれど(笑)
そして文面は48時間以内に何かせーよグッドラック、的な言葉で締めくくられていました。
肝心の何かの部分が僕には和訳できないので、残念ながら何もできそうにありません。
というわけで、ページを閉じておしまい。
めでたしめでたし。
このような機会に遭遇してしまった場合、どうしても心配だという方は、メールアドレスのパスワードの変更をしておけば気分的にも安心できるでしょう。
間違っても、返信しないように!!
(2019.5.24-typewrite)