のらのジュークボックス 1(1~10)

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る




乃楽のジュークボックス
乃楽が良く聞いたり、聞かなかったりする楽曲について簡単な思いを掲載しています。好きな曲もあれば、特に好きでも嫌いでもない曲も掲載しています。
順番に意味はなく、ジャンルや曲の雰囲気などもバラバラ。
ミュージックファイルをランダム再生している、そんな感じであります。

※曲名の下にAmazonのバナーがあるものは、クリック先の楽曲販売ページにて視聴できます。当ブログ免責事項にも記してありますが、ご購入は自己責任でお願い致します。

 

10『レイメイ』:曲
Art:さユり×MY FIRST STORY
アニメ『ゴールデンカムイ』第2期のオープニングソング。疾走感のあるリズムのカッコいい1曲。さユりさんの女性らしい丸みのある声をハスキーに包んだような声と、MY FIRST STORYのボーカルHiroさんの勢いのある刺激的な声の掛け合いが絶妙です。Hiroさんは、ワンオクTakaさんの弟だって。すっげー家族だぁ~(笑)

 

9『Wherever you are』:曲

Art:One OK Rock
邦楽、ロック。
バラードというほどではないけれど、ワンオクの楽曲の中では落ち着いた部類に入るのかな。情感たっぷりに歌いあげる、という感じの、のちの時代にも残りそうな名曲。速いテンポで疾走するカッコ良さとは違い、ミドルテンポでぐっと胸にくるようなカッコ良さが魅力です。

 

8『i am sam』:アルバム
洋画『i am sam』のサウンドトラック
ビールトルズの名曲の数々をいろんなアーティストがカバーしています。艶のある綺麗なサウンド、ミドルテンポの曲ばかりで、幅広いシチュエーションで流せる大人なアルバムです。じっくり聴いても良いし、デスクワークなどの作業中にも最適。

 

7『G線上のアリア』:曲

Art:バッハ
クラシックのことはあまり知りませんが、ミュージックファイルにたくさん入れて、執筆作業中などじっと集中して作業したい時によく流します。そんなクラシックで最も好きな曲がコレ。ふぅ~と息をついて「癒されるなぁ~♪」なんてつぶやきたくなります。アニメ『テガミバチ』で使われている、というのもあるけれど(笑)

 

6『Dreamland』:曲

Art:BENNIE K
邦楽。女性ボーカル2人組。
ポップで跳ねるようなサウンドが心地良い楽曲ですね。ランダム再生で流れたりするとうれしい。テンション上がります。

 

5『愛してる』:曲

Art:風味堂
邦楽、ポップ、ジャズ。
ジャズ風のサウンドに歌詞を乗せ、しっとりと聴きかせる風味堂。口ずさんでしまいます。

 

4『Sir Duke』:曲

Art:スティービー・ワンダー
洋楽。
スティービー・ワンダーの楽曲の中で、一番好きだと思います(今のところ)。サビのポップなノリと、間奏に入るところの『ドゥッ! トゥルル~♪』と、一瞬音にブレーキがかかるような部分のサウンドが良いです。執筆作業中に聞くと良い感じに気分を高めてくれます。小声で口ずさんでしまうことも(笑)

 

3『ARIA The ANIMATION オリジナルサウンドトラック』:アルバム

Art:Choro Club
アニメARIAのサウンドトラック
アニメARIAはイタリアの水都・ヴィネツィアをモチーフにした舞台。現実的なテーマならがもゆったりとしてどこか幻想性を感じさせる物語にぴったりのバックミュージックでした。落ち着いた雰囲気ながらもポップな曲調は僕の普段の生活のバックミュージックにもぴったりで、執筆の邪魔にもならず、集中を助けてくれています。音楽を聴くために音楽を流す、という感じではなく、空気を作るために流すという感じでしょうか。寝るときに聞くこともあります。

 

2『Ono Lisa best 2002-2006』:アルバム

Art:小野リサ
僕はほとんどテレビを見ないので(週末に競馬を見るためにコンセントを入れるくらい見ない)、常に、と言っても良いくらい音楽をかけています。作業中、ぼぅっとする時、気分が良い時悪い時、寝起き寝る前、などなどどのようなシチュエーションでも流しておけるのが小野リサさんのボサノバ。軽快なリズムだけれどしっとりと落ち着いていて心地良い柔らかいサウンドで重宝しています。

 

1『小さな魔法』:曲

Art:ステレオポニー
女性ボーカルの邦楽ポップ。アニメ『テガミバチ』のオープニングソングです。そのオープニング映像とこの曲の雰囲気がばっちりで、それを視聴するだけでもグッときてしまいます。大好きな1曲。
ゆっくりとした落ち着いた曲調。他に何も作業をしていない時に、ふぅっと一息つきながら聞くことが多いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。