のらのオーディオプレイヤー&イヤホン・ヘッドフォン~今どきパソコンとスマホがあれば事足りるんぢゃない?笑~

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る




僕がヘッドホンに求める要素は音質よりも重量、つまり軽くないとダメでした。
JVCは軽くて長時間つけていても首が疲れづらいです。その上で、音質も重低音がきいていて良く、さらにリーズナブルなので全色を買ってしまいました。
でも、僕はヘッドホンよりイヤホンを使う機会が多いので、結局赤色のみ使用中です。

 

 

コードの長いヘッドホンがほしくて購入したという記憶があります。
奥行きのある音質で聴き心地は良いのですが、その分しっかりとした造りで重いです。
オーディオレシーバー(イヤホンと再生機器をBluetooth接続してワイヤレスにする機器)を使っている今となっては、むしろ長いコードが邪魔なので使っていません。
しかしココロで音を聴き取るブランにはぴったり???笑

 

 

ヘッドホン音質でも頭に輪っかを引っ掛けないで聴けるセパレートタイプのものも、ほんのたまぁにファミリーレストランでパソコンをいじるときなんかに使うことがあります。気分です。

 

 

でも、結局のところ、イヤホンがメインです(笑)
外出中もさることながら、部屋で集中して作業する時や、大音量で映画なんかを見たいときにもイヤホンを使うことがあります。

 

 

写真左の白と黒は色違いで同じオーディオプレイヤーです。
奥の白の物体は、キャップと電池の蓋を開けた状態のもの。
そうなのです、オーディオプレイヤーとしては珍しく乾電池で使えるのです
今やポータブル〇〇なんてものの多くは充電タイプの物ばかり。
気が付いたときに充電しておけば良いだけのことではありますが、使う物によっては充電がわずらわしかったりするもので。

それに、もし充電しておいても使う頃にはかなり日が経っていて、結局また充電し直さなければならなかったり、あるいは単純に充電を忘れて使いたいときに使えないなんてこともあります。
あと、出先で充電がなくなってしまう、なんてこともありますね。
これらの問題を解消してくれるのがこのオーディプレイヤー

USBメモリー程度の大きさで、パソコンとのデータのやり取りは普通のUSBメモリーと全く同じです。購入ページにも確か『USBメモリーとしてもご利用いただけます』とか書いていたような(笑)

2000円程度とリーズナブルですから、壊れても良いやという投げやりな感覚でも使えます。しかしこれが案外壊れず、かれこれ数年使うことができています。

注意すべき点は、僕がポータブルオーディオプレイヤーを探している時、これと全く同じ商品が店舗によっては5000円とか6000円とかで平然と売っているところがありました。

何も知らなければ、同音楽再生機能というカテゴリで見て、SONYの音楽機器に比べてしまい、安いし良いかも、なんて思ってポチっとな、なんてしてしまう人もいるかもしれません。
ネットショッピングでは、気に入った商品を見つけたら、その商品名をコピペして全体検索にかけるということをする癖をつけておくと良いかと思います。

真ん中はSONYのWALKMAN。

さすがSONYです。音、使いやすさ、デザインなどなどどれをとっても良い感じです♪
容量も32ギガでたくさん音楽を仕込んでおくことができています。
ただし、段はそれ相応。左の乾電池式オーディオプレイヤーを10個以上買えます。

そして右の赤い棒のようなものBluetoothオーディオレシーバーです。

大きさは小指くらい
たとえば、この機器とスマホをBluetooth交信させることでワイヤレス化します。
ステレオミニプラグ接続なので、メインはイヤホンなどで使いますが、スピーカーなどに繋げてもワイヤレスで音声を飛ばすことができます。

クリップ式になっているので、ネクタイピンのように服のどこかに引っ掛けておくことができるので、邪魔になりません。すごく重宝しています。

これら全てのポータブル機器は、必ずしも外出時用というわけではなく、実際は自室で活躍していることのほうが多いです。
僕はなにかとデスク作業が多い人なので、少しでも作業を効率化できる『ストレスフリー』をおのずと目指してしまっているようです。

にもかくにもコンパクトであることは現代のテーマとでもいうのでしょうか、昔に比べて『身の程をわきまえた最適解』というものに忠実というか現実的というか。
たとえば『重厚なミニコンポで迫力の音』というのが流行だった時期もありますが、機能として出力できる最大音量なんぞ出した時にはただの近所迷惑の騒音ですし、置き場所としてのスペースもかなり占有されます。もちろん、設置場所移動や掃除、故障時の対応や買い替えなどもひと苦労で・・・確かに機能は使わないものまでが充実してはいましたが、機動性は皆無でした。
それが今は手乗りサイズで高音質ということが可能なのですから、利便性という点で非常に現実に寄り添った便利な時代になったなぁと感慨深かったり(笑)

 

さて次回は、デスク周りの小道具なんかの記事を掲載しようと思います
~予告画像を少々♪~

それではまた(‘ω’)ノ
(2018年12月2日typewrite)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。