プロフィール

が投稿
Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

名前は?】  乃楽りく nora-riku

何者なの?】 文筆家、料理人、風来坊

略歴は?
  ケンタッキー州オーエンズボロ出身の父を持たない、ごく普通の日本人として生を受けるも、成長してみればまるでジョニーデップのようだ、と言われても誰も否定ができないほどのそっくりさんをテレビで見かけただけで笑える感性豊かな大人に成長を遂げる。
 何を血迷ったのか『僕はひらがなが書けるんだゾ』程度のことで意気揚々と文筆業に手を染め始めることになる。
 そこにもっと血迷った集英社の編集者各位が運良く通りすぎ、ささやかながら某小説賞を受賞することに。
 これによりさらに血迷い具合に拍車が掛かった著者は『調子』という名の低速バスに乗ったまま『勘違い』という生ぬるい心の剣を武器に、今も物書きを辞められないでこんなくだらないことを書いている顛末。
 救い難きダメ人間とはまさに著者のことである。
 な、泣いていいかな?(。◕ˇдˇ​◕。)グスン

 物書きに手を染める前は、料理人に手を染めていたという経歴を持つ。
 まず料理人新人時代を会席料理屋で過ごし、そこで割烹着が果てしなく似合わないということを学ぶ。
 料理人中級時代はフレンチのお店で過ごし、そこで賄い用に取った出前のうどんが絶妙に美味しいということを知り、電話注文がヤメラレナイ。
 料理長となったイタリアンのお店では、共に働く従業員に何か少しでも役立つことを伝えられたらと思い「僕は独身ですよ♪」と殊更活舌良く伝えようとしたが、「見れば分かります!」とあっさり重傷。人に何かを伝えることの難しさを学んだ。
 な、泣いていいかな?(。◕ˇдˇ​◕。)グスン

 そんなわけで、得意料理は『キャベツの食卓まるごと置き』です。
 さぁ勝手にちぎってお食べ♪

 奈良県在住のため、県外の人には鹿さんと呼ばれることがある。イラストは『ねこまんま』というイラストレータさんが乃楽をイメージして書いてくださったものであります。 

 では、今度はブログ記事で会いましょう(≧▽≦)b